この記事の読者は累積191330人です。
 
共同体社会の実現
314542 学歴信仰と序列社会の崩壊の予感。各地で教育革命が進行中
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 16/04/26 PM10 【印刷用へ
11年春の原発事故と12年末の不正選挙はお上不信と秩序崩壊の危機感を生起させたが、この秩序崩壊の危機感は本能の最深部(適応本能=秩序化本能)を直撃する。人々はそこに、学歴信仰と資格身分によって構築されてきた序列社会の崩壊を嗅ぎ取った。そして、「いい生活、いい大学」に象徴される私権追求の活力が一気に終息すると共に、勉強離れが急速に進んでいった。
かくして、強制的な勉強圧力は無効となってしまった。今や「いい生活、いい大学」という言葉が作り出す勉強圧力は、子供たちのやる気を高めるどころか、子供たちの生きる意欲を喪わせる元凶となり、勉強圧力に基く詰め込み教育は子供たちを潰してゆく元凶となっている。

各地で教育革命が進行中

講義型の教える教育から、グループ追求を中心とする追求型教育への模索は類塾だけではなく各地で行われている。それは、勉強圧力が無効となった’13年から始まっており、すでにハーバード大や東大は追求力の育成を目指して追求型教育へと大きく舵を切ったし、都立の日比谷高校や西高や両国高、あるいは京都の堀川高校も追求型教育を実践してきた。
そして、遂に’16年入試において、これら追求型教育に転換した公立高校が東大・京大合格数を大きく伸ばす結果となった。高校入試でも生徒たちの自主追求グループの活動が活発だった類塾の教室は軒並み94%以上の極めて高い合格率を達成した。
これは、追求型教育が子供たちの意欲を再生するだけではなく、入試でも勝つことを実証したという意味で、画期的な出来事である。これは教育革命と呼ぶに値する。
こうして各地で詰め込み型の教える教育からグループ追求を中心とする追求型教育への移行=教育革命が進行中である。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_314542
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
340065 「なぜ話しかけてくれないんですか?」〜教科書を写すだけの授業への素朴な違和感が話題に 男と女の職場話 18/10/17 PM05
318336 【教育革命】事例紹介 〜先生のいないロシアの公立学校〜 矢ヶ崎裕 16/08/13 PM06
314562 追求充足の時代。我々は、活力革命の渦中にいる 岡田淳三郎 16/04/27 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp