この記事の読者は累積18762人です。
 
西洋医療と東洋医療
265117 【虫歯予防を超える歯磨き!?】科学を身近に☆NewStream
 
ブログ 地球と気象・地震を考える 12/06/06 PM00 【印刷用へ
旬の話題から自然の摂理が学べる!科学を身近に☆NewStreamです。
今週の科学ニュースを紹介します。

歯磨きをするだけで虫歯の予防や進行を抑えるだけでなく【虫歯の自然治癒】に効果があることがわかりました★★★
今日はそんな驚きの歯磨き方をお伝えします♪

答え:重曹で歯を磨くだけ

上記だけでは短絡的すぎるので詳しい内容を紹介します(^ω^)

I歯科医院の高楊枝通信。 より引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
重曹が虫歯に効くワケ 
「歯医者さんや歯について〜(16837)」
[ 虫歯予防一口メモ ]
 診療室では、重曹水が炭酸飲料を中和する動画を皆様に ご覧いただいているのですが、まだ観ていない!という方はおられますでしょうか?

ブログ用に小さく編集して掲載しようと頑張ったのですが どうも上手くいきません。
まだご覧になっていらっしゃらない方は、スタッフに「重曹の動画見せろ!」とおっしゃってくださいね。動画の中身は、pH3の炭酸飲料が、重曹水で瞬間的に中和されてpH7になる。というものです。

ちょっと詳しく書くと、 重曹はNaHCO3ですが、 水に溶かすと電離してNa+とHCO3-になります。
このHCO3-は重炭酸塩とか炭酸水素イオンとか呼ばれていて、これがH+(酸)を中和するわけです。こんな風になります。

HCO3- + H+ → H2CO3 → H2O(水)+ CO2(二酸化炭素)

このことは古くから知られていて、歯科衛生士向けのテキストに載っています。「う蝕に関わる要因」の中にHCO3-が唾液の緩衝機能(この場合酸を中和する)として右下端に書かれています。

また耳下腺唾液(噛むと出てくる唾液)の中には HCO3(炭酸水素イオン)が含まれているという図もあります。

噛んだら出る唾液の量が多い程、HCO3も多いのです。だからよく噛んで食べましょう、というお話です。これはDawesという方の1969年の研究です。 このHCO3-という物質が実は重曹だった、ということに歯医者が気が付かなかった、だけ(?)いやはや、とんだ間抜けでした。

F-(フッ素)ばかりに気を取られていた、ということですね。実は重曹は虫歯予防どころか、虫歯の進行を抑え、虫歯の自然治癒に絶大な効果があったのです。重曹水の作り方、ティー・スプーン1杯(3g)の重曹を500mLのペットボトルに入れて水を口まで注ぎ、振って溶かすだけ。
使い方、飲食後なるべく速やかに、重曹水を口に含んでグチュグチュ(^〜^)、ペッ。

たったこれだけ。 「カリエスコントロール」飯島洋一・熊谷崇著 医歯薬出版株式会社

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、この効果の画像が同じブログの違う記事で見られたので掲載させて頂きます。
使用前の虫歯 使用後の虫歯 確かに虫歯や黄ばみがキレイになっています 続きはこちら
 
  List
  この記事は 264857 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_265117
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
302280 市販の歯磨き剤は危険〜“歯磨き剤無し”の歯磨きのススメ 斎藤幸雄 15/03/21 PM00
【普段よく聞く別腹って何??】科学を身近に☆NewStream 「地球と気象・地震を考える」 12/06/13 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp