日本を守るのに、右も左もない
98866 もう、ダメかも
 
西村真治 ( 39 滋賀 建築設計 ) 05/10/10 PM07 【印刷用へ
>10年来、日本の規制緩和政策が、独占禁止法や郵政民営化、先に成立した会社法など、すべて「要望書」通り実現していく様を描いている。<

確かに、ここ10年の改革は、ほとんどアメリカの「要望書」通り染まってきている。
小泉さんが構造改革の本丸と打ち出した最後の砦とも言える“郵政民営化”⇒郵貯・簡保の350兆の資産が市場に流出したら、外資に食いものにされるのは目に見えている。

例え市場に流れ出すのを食い止めても、

リンク 2008年、大量の国債が満期を迎える。1998年、当時の小渕政権は景気対策と称して3度の補正予算を組み大量の国債を発行した。その10年国債が2008年に満期になるのだ。その償還額は40兆円を超える(財務省「国債管理政策の現状と今後の展望」中の「10年利付国債の年度別償還額の推移」による)。今年度の一般会計の税収見込みは44兆円。2008年には10年国債の償還だけで年間の税収の全てが消えてしまう。2008年からは、借換債も130兆円を超えると予測される。国家財政はまさに「火の車」なのだ。
 ネバダレポートが実施されれば、日本の財政・経済および国民資産は、完全にIMFの管理下におかれる。日本は、IMFを通じて実質的に米国の管理下におかれ、文字通り「属国化」される。米系企業が不良債権を抱えた日本の銀行を格安で買収したように、米国は、国家破産に乗じて日本の国民的資産全体を自らの支配下におく。<

という可能性が残っている。
危機的状況であることは、確かであるし、訴えている人は、このサイトに限らず、多数ある。
しかし、ネットワークされていない。
ここに、メスを入れない(ネットワークを構築しない)限りアメリカの食いものにされてしまうのは目に見えている。

98753とすれば、既に独占的なアメリカの情報力に対向しうるネットワーク形成と、その情報網を構造的に統合できる認識力こそが、アメリカの暴走に歯止めを掛ける最も有益な対抗手段となるのではないだろうか。<
を推し進める、呼びかけて行くことが今、求められている。



 
  List
  この記事は 98733 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_98866
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp