アメリカ→官邸→マスコミによる支配
98551 電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
 
井上宏 ( 39 新潟 建築コンサル ) 05/10/05 PM09 【印刷用へ
>この間の選挙・政局報道を見ていると、既にマスコミは支配を受けていると見て間違いないだろう。 (98328

マスコミ支配の取りまとめ役として広告代理店の電通が重要な役割を担っていたようです。

以下の引用は、選挙前の7月下旬から8月上旬にかけての森田実氏の政治日誌より引用したものです。アメリカによる電通を通じてのメディア支配について、そして選挙運動中のマスコミの動きをかなり正確に予見している点で注目できると思います。
また、より支配を完成させるために、国民の受信料から成り立っているNHKに対する策動も始まっていることが見て取れます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7月28日の日誌より(参照:リンク

>日米関係に通じている友人によると、米国は日本を思うように動かすためにはまずマスコミを握らなければならないと考え実行してきた。そして、民放についてはほぼ目的を達した。民放を支配するのは比較的簡単だったという。広告業界が一元化されており、広告の巨大独占体である電通を押さえれば、民放を支配できる、というのである。
 民放で働いている知人は、「電通に睨まれたら民放はやっていけなくなる。個人的にも電通に睨まれたら民放では働く場所がなくなる」と語っている。
 電通を媒介にした米国による民放支配はほぼ完了した、といわれている。民放の報道番組はブッシュ政権と小泉政権の広告塔になった、というのが米国在住の友人の見方である。

8月8日の日誌より(参照:リンク
>日本の広告業界は、事実上、丸ごと、アメリカに買収された。日本の広告業界は巨大独占体のもとに一元化されている。この巨大独占体がアメリカ巨大資本に事実上買収され、アメリカのコントロール下に置かれれば、日本のマスコミを自由に操ることができる。マスコミ企業は広告巨大独占体に睨まれたら倒産させられてしまう。生きるためには巨大独占体の言うとおりにしなければならない。いまや巨大独占体はアメリカそのものといって過言ではない。ブッシュ政権の意向は、日本の広告業界、マスコミ界にそのまま通るようになっている。

>例外はNHKのみ。公共放送だからだ。NHKだけはアメリカも直接支配できないから、一方で政府・自民党を通じてNHKの政治報道に圧力をかけながら、他方で大新聞と民放テレビと雑誌ジャーナリズムを使ってNHKを解体させようとしている。NHKの民放化に成功すれば、NHKもアメリカと一体化した巨大独占体の支配下に組み入れられる。これが、NHKをめぐる事件の本質だ。NHKの最近の混乱の裏側で外国の諜報機関が暗躍したことは、関係者の間ではよく知られている。

>小泉首相はブッシュ大統領にとって最良のジュニア・パートナーである。したがって日本の広告独占体もブッシュ世界戦略の道具と化している。
>小泉内閣はいまや衆院解散・総選挙に向かって突進している。9月4日か11日が投票日だ。ここで小泉首相を勝たせるため、アメリカと日本の巨大独占体は各テレビ局と大新聞に対して、小泉を勝利させるために総力をあげるよう工作を強めている。

各テレビ局と大新聞は、この要求を受け入れ、全力をあげることを誓った、との情報が広告業界とテレビ界で流れている。 これから日本の民放テレビ、大新聞は、広告巨大独占体の指導のもとに、総選挙で小泉政権を勝利させるため大キャンペーンを行うことにしている。同時に反対派に対するネガティブキャンペーンを準備している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方で電通と政府・自民党との関係は古く

>電通のもう一つの機能は、官僚および自民党のPR活動をしたり、《世論調査》を通して国民の《伝統的な価値》を支えることである。電通は、総理府及び自民党が必要な情報を収集し、偏った意見調査を通して《世論》を作り上げる手伝いをする。自民党の選挙キャンペーンというもっとも手のこんだ部門は、電通が引き受けている。原子力発電所の安全性の宣伝や、さまざまな省庁の企画に関する宣伝なども扱っている。
 このような官庁および自民党のための仕事は、主に電通の《第九連絡局》でおこなわれ、ここには、建設省、運輸省、農水省、郵政省、文部省、大蔵省、総理府の各省を担当する別々の課がある。公式には民営化されたが実際には以前とほとんど変わっていないNTTやJRなどの公共企業も、この局が扱っている。この第九連絡局は、総理府の広報予算の三分の一以上、他の省庁の同四〇パーセントを吸収する〔原注3〕。また、自民党の広報宣伝予算についても、電通が独占に近い形で自由に使っている。
(以上参照:リンク

その他電通とマスコミの関係については
(参照:リンク
電通の歴史については
(参照:リンク


電通のアメリカ→小泉支援は、直接的には顧客としての政府・自民党や、今後顧客として期待される外資系(参照:98328)、大顧客としてのトヨタなど輸出産業・・・の意向が働いているのではないかと思われます。

どうもはっきりしないのですが、アメリカと電通とは直接的に何か(ビジネスを通じた取引?)関係がある感じもします。
 
 また各マスコミに記事を配信する共同通信社や時事通信社が電通の株主であり、そこを通じたメディア支配や配信元である国際的な通信社との関係も気になるところです。
 
  List
  この記事は 98328 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_98551
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
260632 マスコミを取り巻く状況 参考サイト チーズカレー 12/01/18 AM02
217473 アメリカによるマスコミ支配の基本 匿名希望 09/10/17 PM10
215784 電通創業期以来の赤字転落 中村英起 09/09/25 PM11
アメリカ:闇の支配構造と掠奪戦争〜「電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配」 「日本を守るのに右も左もない」 09/09/25 PM10
215763 広告=バブル→崩壊。 匿名希望 09/09/25 PM05
202988 電通は韓国の手先 kote 09/03/27 AM08
「どうする?マスコミ支配16」第一権力化したマスコミ 〜娯楽史〜 「日本を守るのに右も左もない」 08/02/07 PM07
「どうする?マスコミ支配」10〜アメリカによる電通支配?・・・満州人脈を大量に吸収したのはなぜか? 「日本を守るのに右も左もない」 08/01/18 PM05
「どうする?マスコミ支配6〜アメリカ→官邸→マスコミの共認支配を許すな 「日本を守るのに右も左もない」 07/12/30 PM01
特集!!電通→マスコミの共認支配を許すな!第2回『恐るべき電通の歴史』 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/12/10 AM01
電通の正体―マスコミ最大のタブー 「語句ログ」 07/10/27 PM05
158056 日本のために電通を批判しテレビから消えた森田実氏@〜『アメリカに食い尽くされる日本』より 猛獣王S 07/08/01 PM00
132868 アメリカと電通の関係 松井英仁 06/10/02 PM06
115934 マスコミより電通の方が強いの? 匿名希望 06/05/25 PM02
憲法改正論の裏に潜む罠(仮説) 「路上日記@なんで屋」 05/12/07 PM11
代理店大手3社が、TV広告のシェアの65.2%…という寡占構造 「路上日記@なんで屋」 05/12/05 PM05
憲法改正論の裏に潜む罠(仮説) 「路上日記@なんで屋」 05/11/22 PM06
着々とマスコミ支配を進める外資 「Financial Journal」 05/11/12 PM08
100525 視聴率って何? 谷崎俊文 05/11/08 AM02
楽天の焦り 「なんで屋<男塾>梅田」 05/10/24 PM11
コンテンツを買いまくれ!! 「Web Trend Review」 05/10/23 AM00
99382 戦後まもなく始まるテレビを通じたアメリカ共認支配 田宮昌明 05/10/19 PM07
メディアよ、お前も資本に屈するか! 「gorogoro」 05/10/15 AM11
メディアよ、お前も資本に屈するか! 「gorogoro」 05/10/15 AM11
99020 ユダヤ資本のメディア支配 森田政則 05/10/13 PM02
電通 「なんで屋@名古屋のブログだがね!」 05/10/12 PM11
98965 マスコミ総動員による総選挙戦略 鈴木隆史 05/10/12 PM07
郵政法案 200票差で衆院通過 無所属反対派 処分待ち苦渋の賛成 「新・サムライなんで屋」 05/10/12 AM11
郵政法案 200票差で衆院通過 無所属反対派 処分待ち苦渋の賛成 「新・サムライなんで屋」 05/10/12 AM11
98911 アメリカ介入のファシズム型選挙 橋口健一 05/10/11 PM04
98875 アメリカの対日政策 斎藤裕一 05/10/10 PM10
マスコミが偏った報道しかできないのはなんで?ー背後にアメリカ... 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 05/10/09 AM04
マスコミが偏った報道しかできないのはなんで?ー背後にアメリカ... 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 05/10/09 AM04
98792 マスコミ、小泉、電通、その傘下の業界、企業の力関係と小泉翼賛体制 近藤文人 05/10/09 AM01
98779 各政党に入ったお金と使い道(データ)+献金企業のアメリカ軍需産業との繋がり 蘆原健吾 05/10/08 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp