暴走する悪徳エリートの所業
97844 3つ連呼で勝った自民新人候補
 
馬場康一郎 ( 53 佐賀 営業 ) 05/09/24 PM11 【印刷用へ
大阪北部の小選挙区から出馬した自民党の新人候補の手伝いをした人から、今回ほど可笑しな手伝いはなかったと聞いた。選挙終盤になって、自民党本部から余計な話はするな。連呼は3つでよいと指示がきたそうです。

○○は候補者の名前、・・・は進めるという意味。
1.「小泉改革・・・・○○」
2.「郵政民営化・・・○○」
3.「官から民・・・・○○」

あとは、本部が出したマニフェストを配布すればよい。公約の中身は、小泉首相がテレビで語ってくれる。野党批判もいらない。テレビがかってにやってくれるからと指示が飛び、その通りに選挙対策は動き、選挙カーで走り回る班、駅前でチラシ配る班、其々が3つを連呼するだけで自分たちも勝てる気がしてきたそうです。

3つの連呼は、自民党でなく小泉、小泉の改革、公務員(郵政職員)への反感を上手く表しているようです。地方と違って根無し草的な20〜30代の都市部の若者層と安定した公務員に潜在的な反感をいだいていた中高年層が、ハズミで投票したことになる。

こうした不満の鬱積だけに焦点を当てたのが今回の選挙であり、そうであるがゆえに後のシラケも早かった。鬱積は、掃け口のない都市部に充満している。掃け口は「どうなるか解らないけど何か変えてくれそう」と、まだまだ他人事であるが危機が迫っている実感は間違いなくあるわけで、自分の力ではどうにもならないが「答え」欠乏は今回の選挙でみんなに火が着いたと思う。

 
  List
  この記事は 97610 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_97844
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp