アメリカ→官邸→マスコミによる支配
96715 マスコミのからくり:::露出≒人気
 
田中素 HP ( 39 長崎 企画 ) 05/09/02 AM01 【印刷用へ
> マスコミに騙されてはならない。小泉人気とは結局マスコミが自己の延命目的で祭り上げた産物に過ぎないのだから。(96520)

9.11総選挙。公示前の前哨戦ではどうやら小泉優勢だったようだ。マスコミ報道の過熱に歩を合わせるように支持率も上がっている。小泉人気はマスコミが作っている、と言うと、彼らは「小泉を支持している訳ではない。中立である」と反論するかも知れない。確かに、新聞やテレビの論調は、全部が全部、小泉肯定ではない。「やり過ぎ」との周囲の声を拾っているものもある。

しかし、そこに実は、マスコミのカラクリがあるのではないかと思う。報道の中身はどうあれ、中立であろうが多少なり批判的であろうが、今回の選挙が『小泉劇場』として派手に報じられれば報じられるほど、小泉有利になっていくのではないかと思う。

マスコミは、'70年以降、既に共認原理に移行した社会において人々の共認形成を牛耳る位置にいる、評価共認の形成機関である。そして、共認社会において評価共認の強さを最もよく表すものが「注目度」なのだと思う。取るに足りないものは注目されない。注目されているものには(よほどの否定的内容でなければ)何がしか見るべきものがあるのではないかと、無垢な共認回路は働いてしまう。現代、注目度とは即ちマスコミでの「露出度」となる。

芸能人の売出しにも、ヘビーローテーションという類似の手法が使われるし、大衆の冷笑ネタにされているかのように見える最近の若貴問題や杉田かおるにしてもそれは同様だと思う(多分、同情票も含めて個人への信奉者が登場している)。だから、マスコミが小泉個人の一挙手一投足に焦点を当て、派手な露出を演出すればするほど、政策の是非や本当の政治的力量、成果といった本質からどんどん離れて、捏造された個人の評価収束構造に知らずに嵌まっていく人が増えていく。この辺りがまさに、マスコミによる共認支配の恐ろしさだと思う。どうするか。

誰を選んでも大した成果が期待できないまやかしの社会参加である選挙も、大衆の洗脳媒体であるマスコミも一切無視して、粛々と草の根共認運動を進めていくか。これ以上注目を受けないよう、首相というポジションから小泉をとにかく引きずり降ろすべく、投票も含めて可能な限りの方法論を駆使するか。今回ばかりは後者なのかも知れない。
 
  List
  この記事は 96520 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_96715
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
107687 マスコミに替わる共認形成の場を 匿名希望 06/03/19 PM11
105381 マスコミ支配の供給源 吉国幹雄 06/02/08 PM11
99320 評価だけ握っているマスコミは羅針盤にはならない 小林雅志 05/10/18 PM06
政治への関心が高まっている!! 「京男達の『なんで屋』道中記」 05/09/29 PM05
97800 新しいマスメディアを作る 琵琶湖 05/09/24 PM00
97581 正しく選挙総括するところから始める 岡本誠 05/09/19 PM08
97402 「目立ったら勝ち」 小暮 勇午 05/09/16 AM03
97317 「小さな政府」の前に「小さなマスコミ」の実現を 大河明日 05/09/14 PM01
97096 それでも中立と言えるのか?感情報道のからくり 高田敦 05/09/09 PM06
97000 鍵を握っているのは「決められない答え探し派」。 山澤貴志 05/09/08 AM01
96986 人気≠評価 内山竜太郎 05/09/07 PM10
サラリーマン新党・再考 「なんで屋−驀進劇−」 05/09/07 AM02
サラリーマン新党との共通項って何? 「なんで屋−驀進劇−」 05/09/06 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp