新しい男女関係(→婚姻制)の模索
96601 anan35年にみるモテ女の系譜
 
志水満 ( 40代 東京 会社員 ) 05/08/30 PM07 【印刷用へ
アンアンが創刊したのは1970年。以来35年間女性たちの恋の作法を指南してきた。アエラにその系譜が掲載されていました。タイトルだけ並べるとおもしろい傾向が見て取れます。
1970年ウーマンリブ華やかなりし頃から
1985年セックスしてもいい高飛車女へ、さらに
1997年から愛される秘訣、ここから以降充足系になっているのでしょうか

・1972年男の子絶対読むべからず あらPUしちゃった!
・1973年「同棲の記録」コンパニオネート・マリッジ
     SEX教科書
・1976年向田邦子「男性鑑賞法」連載スタート
・1977年小林麻美の大研究
・1982年いい女からかわいい女へ
・1983年エッチなこと大好きよ、のフツーの女たち
     「男を刺激して見せます」時代
     女はどこかセクシーでなければいけない
     いい女の総仕上げは会話テクニックで
     女の本音つっぱってきたけど実は結婚したいのです
・1984年いま悪い子(ツッパリ)感覚のおしゃれが楽しくて
     セクシーな女になってあげる
     男心キューン!私と付き合ってみない?
     コケティッシュに男心をくすぐる
     もう男が女を変えてくれるなんて時代は終わった
・1985年大好きよ!男たち
     このひとならSEXしてもいい
     SEXしたい男性ベスト10
・1986年少し悪女の感覚
     女にはいつも演技力が要求される
・1992年あなたから男を好きになろう
・1993年男が選ぶ女のタイプが変わった
     女はやっぱり顔だ!
・1994年料理上手は男が好きな女の条件
     女からの告白を男たちは待っている。
・1996年男にもてる女はココが違う
・1997年男を虜にする女とは?
・1998年勝つ女とは
・1999年徹底研究”男に愛される体になりたい!”
・2000年「男が追いかけたくなる女」になりたい
・2001年女が憧れ男がグッとくる。「色っぽい女」になりたい!
・2002年「強い男」「癒しの女」がなぜモテる?
・2003年恋愛上手VS恋愛下手
     男にウケる女
     選ばれる女になるための最強技157
     脱カワイイ!?めざせ!エロティックな女
     どうしても欲しい男の手に入れ方
・2004年母性的な女
     恋の瞬発力を高める!
     女らしさの新定義
     「ハッピー&ポジティブ」決め手になる!愛される女の極意

 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_96601
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
110436 「ハッキリしない男」と女の焦り 雪竹恭一 06/04/27 PM10
110428 カワイイ女の新定義 中野優 06/04/27 PM09
107470 理想の男○×アンケートに見る「いい男像」の現在 渡邊かお里 06/03/16 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp