暴走する悪徳エリートの所業
96520 小泉人気、マスコミに騙されるな!
 
吉川明博 ( 36 大阪 会社員 ) 05/08/27 PM10 【印刷用へ
お盆の休暇中に、義理の父と小泉人気について話す機会があった。
父は小泉支持派だという。
何故小泉なのか?という問いに明確な答えは帰ってこなかったが、どうやら、郵政民営化にしても、小泉が言うからいいというように、政策の中身より小泉という人そのものへの支持という印象を受けた。

自民党をぶっ壊す、殺されてもいい、骨太の政治、などその毒舌、パフォーマンスぶりは少なくとも、マスコミを通してみれば隠し事が無く透明で前向きな政治であるかのごとく演出され、かつ何かやってくれそうといった期待を抱かせるのだろう。
一方で地道に改革に取り組んでいる少数の政治家はマスコミからすれば、視聴率の取れないつまらない存在だと言えよう。だからマスコミに取り上げられる事も少なく、それが密室政治であるかのような印象を人々に与える。これは共認社会にとっては致命的で、この事がさらに小泉しかいないという幻想を人々に植え付け、小泉人気を維持させてきたように感じる。

しかし冷静に小泉政権を振り返れば、彼がやってきたこととは結局、アジアにおける外交を滅茶苦茶にし、増やさないと明言したはずの国債を乱発し、年金改革は放置のままと過去の首相と比べても戦後最悪の部類だと言わざるを得ない。それをいつの間にか郵政改革が改革の本丸であるかのごとく論点をすり替えごまかし、挙句の果てにこれら山積みの課題を放置したまま解散総選挙とは、もはや犯罪的である。

収束不全からくる既存秩序への破壊期待を背景に、芸能人の世界でもビートたけし始め最近では細木数子、杉田かおるなど、視聴率の稼げる毒舌派がマスコミに取り上げられ祭り上げられるている。政治もそれと同じレベルで、過激な毒舌を吐く政治家でないと、視聴率が稼げないという構造が根底にある。この事は一頃の田中真紀子や辻本清美、鈴木宗雄、石原慎太郎といったマスコミを賑わす政治家を見れば一目瞭然である。

行き詰った社会に対して何の答えも出せない傍観者であるマスコミは、自らの延命を図るべく、結局答えそのものはごまかしたまま政治の世界も芸能人と同じレベルで毒舌派を持ち上げ視聴率稼ぎに懸命となっているのが現状だと言えよう。ここまで考えてくると、冒頭義理の父が政策の中身でなく、小泉という人に収束しているのも頷ける。

マスコミに騙されてはならない。小泉人気とは結局マスコミが自己の延命目的で祭り上げた産物に過ぎないのだから。




 
  List
  この記事は 96294 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_96520
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
258583 【大阪ダブル選挙】橋本支持は学歴も所得も低い地域(B層)が多い 三浦弘之 11/11/12 PM03
185571 創価学会によるマスコミ支配から日本破滅へ 匿名希望 08/09/13 AM09
大阪府知事選は何を示唆するのか? Playback-2005- 「路上で世直し なんで屋【関西】」 08/01/29 AM04
大阪府知事選は何を示唆するのか? Playback-2005- 「路上で世直し なんで屋【関西】」 08/01/29 AM04
147266 '02年の訪朝も小泉パフォーマンスの一種にすぎなかったのでは。 匿名希望 07/03/16 AM08
126859 マスコミが「靖国参拝について賛成か反対か?」に終始し始めたら気を付けろ! 猛獣王S 06/07/27 PM11
96920 国民を欺く小泉とマスコミの犯罪性 熊澤敬輔 05/09/06 PM08
96826 変革は大衆の意識から。事実を見極める視点を〜小泉自民党とマスコミと大衆の関係より〜 近藤文人 05/09/04 PM08
96715 マスコミのからくり:::露出≒人気 田中素 05/09/02 AM01
96710 小泉首相は実はアメリカの手先ではないか… 蘆原健吾 05/09/01 PM11
96635 テレビと小泉人気の関係:参考です 佐藤祥司 05/08/31 AM03
いよいよ公示…自民・ブログ界に不穏な動き? 「路上日記@天六」 05/08/30 PM10
いよいよ公示…自民・ブログ界に不穏な動き? 「路上日記@天六」 05/08/30 PM09
小泉とマスコミのなんで? 「なんで屋神戸露店ぶろぐ」 05/08/30 AM07
8月26日(金)のなんで屋@奈良 「なんで屋@奈良」 05/08/29 PM10
8月26日(金)のなんで屋@奈良 「なんで屋@奈良」 05/08/29 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp