市場は環境を守れない、社会を統合できない
96518 大衆は、民営化にも市場拡大にも可能性が無いことには気づいている。
 
長谷暢二 HP ( 38 山口 農業 ) 05/08/27 PM10 【印刷用へ
>その意味で、今回の郵政民営化をめぐる一連の社会の動きは、徹底的に社会構造と歴史構造を掘り下げて共認をはかるのに絶好の機会ではないでしょうか。<
96393竹村さん)

 竹村さんの仰る通りだと思います。

 今回の衆議院選挙を前にして、政治家達は、与党は、郵政民営化、野党は、社会福祉や憲法をめぐる事項を争点にしようと躍起になっていますが、それを受け止める大衆側は、最早、それらの中身には、ほとんど可能性を感じず、興味を持っていない。
 そもそも、市場拡大を前提とした、景気回復を信じているのも、一部の統合階級だけではないか。


 では、何に注目しているのか? 強いて言えば、先の可能性が見えない現状から、何がしか、自信を持って、答えらしきもの(実際、大衆は、答えになっていないことには気づいているが)を発信する者に惹かれる。そして、政策の中身ではなく、政治家たちのやり取りにのみ興味を持つ。正に劇場政治。
 
 こんな状況に終止符を打つには、社会的に、まともな共認形成、答え追求の場を作っていくしかない。

 その意味では、今回の選挙期間は、なんで屋露店にとって、全面的に共認闘争を展開し、その存在意義を示す絶好の機会ではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 96393 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_96518
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
「経済破局に至る基本構造」
銀行国有化しかない
金貸しの没落=私権原理の終焉
2008年、世界金融危機は何を意味するのか?
西欧近代:宮廷ユダヤが王族への借金をカタに近代国家システムを形成
日本銀行の通貨発行の仕組み
影に隠れて暴走してきた金貸しの支配が明るみになった
TPPをめぐる俗論を反証する@〜横行する数字のトリック、おかしな議論への反証
TPPをめぐる俗論を反証するA〜「国益VS農業保護」論は、国益に反する
国破れてTPP在り
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼル@
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼルA
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(2)カール・ポランニー
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(3)ミヒャエル・エンデ
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(5)エルンスト・フリードリッヒ・シューマッハー
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(7)サティシュ・クマールその2
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(8)ヴァンダナ・シヴァ
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(9)宇沢弘文
江戸時代の思想11 大衆支配のための既成観念を全的に否定し、新概念を創出しようとした安藤昌益
現状の経済システムに問題あり
作られた物欲
過剰消費のもう一つの理由
消費社会と受動社会がつくり出す、矛盾と危険性
国債残高
貨幣の問題をめぐってC
貨幣の問題をめぐってD
長期金利の上昇は本当に起こるのでしょうか?
市場「原理主義」の限界
市場は等価交換ではない、外部不経済を捨象している
等価交換など存在しない
消費の自由のいかがわしさ。
消費が変わる。消費を変える。
「所有価値」から「利用価値」への転換
市場社会は人間の欲望を飽くことなく増幅させるーーー金銭犯罪の五つの類型
フェアトレードは市場拡大の幻想取引ではないか?
自我経済学から共認経済学へ
「需要発から供給発へ」
諸外国の公共事業民営化はなぜ失敗したのか?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp