暴走する悪徳エリートの所業
96294 小泉政権とマスメディアの蜜月
 
小圷敏文 ( 壮年 大阪市 建築士 ) 05/08/21 PM09 【印刷用へ

小泉政権は、発足当初は8割と高い支持率を誇り、今だに4割台を維持する。その秘密は、「米百俵」「聖域なき改革」「恐れず怯まず捉われず」「骨太の方針」「ワイドショー内閣」「改革の『痛み』」「抵抗勢力」「三方一両損」「感動したっ!」「自民党をぶっつぶす」等のボキャブラリーに負うところが大きい。しかし、

―――――――――引用開始―――――――――
 これらの言葉を並べてみて、改めて思ったのは、かっこよく分かりやすいが、中身には乏しいという点である。例えば、小泉改革の骨子とも言える「骨太の改革」は、言葉こそ聞こえは良いが結局のところ分からずじまいであった。その具体性の乏しさは、今日の小泉改革の迷走ぶりに如実に表われている。

 このように、小泉の言葉は表面のパフォーマンスに終始するあまり、肝心の中身の乏しいものとなっている。(「小泉語録から見る小泉純一郎の本質」リンク
―――――――――引用終了―――――――――

と云える。「ワンフレーズ・ポリティクス」というからには中身が必要だが、それが無ければハッタリに過ぎない。文脈で喋れば馬脚を現すが、キャッチフレーズのみを連呼することで誤魔化している。事なきを得ている。小泉内閣の実績は、

―――――――――引用開始―――――――――
●郵政民営化
小泉内閣は、郵政民営化の実現を公約として掲げた。しかし、2005年に政府が国会に提出した郵政民営化法案は参議院において否決され、公約は達成されなかった。
●一内閣一閣僚
小泉内閣は、一内閣一閣僚を公約として掲げた。しかし、2005年現在、政権発足時からの国務大臣は竹中平蔵内閣府特命担当大臣のみとなり、公約は達成されなかった。
●国債30兆円枠
小泉内閣は、「国債30兆円枠を守る」ことを公約として掲げた。政権発足1年目の予算案では公約を達成した。しかし、政権運営2年目以降は国債発行額は30兆円を突破し、公約は達成されなかった。国会で公約違反を追及されると、「この程度の公約を守れなかったことは大したことではない」と答弁した。答弁への批判の煽りを受けて参議院議員選挙で民主党に敗北。その後、発言を撤回し謝罪した。
●年金改革
小泉内閣は、社会保障制度の根幹である年金に対し、抜本的な改革を行うと公約した。しかし、国民年金保険料の未納や、加入資格がないにも関わらず厚生年金への違法加入など、小泉純一郎自身の年金関連の違法行為が次々と発覚した。連立与党の公明党が「今回の年金制度改革は百年安心プラン」と宣伝したものの、早くも見直しが始まっている。
(「小泉内閣の実績:ウィキペディア(Wikipedia)」リンク
―――――――――引用終了―――――――――
と悉く頓挫していることで、成果は何もないことは明らか。それどころか、郵政民営化問題にかまけて国政を私物化し、自民党どころか国をも潰しかねない暴走状態にある。にもかかわらず、今までの内閣なら必ず総辞職か少なくとも閣僚の一人は辞任に至るような出来事があっても、マスコミに叩かれる事がない。

それはひとえに、『ワイドショー内閣』化しているからに他ならない。その奇人・変人ゆえの意外性を珍重するマスメディアとの蜜月関係にあるからである。大衆の統合不全突破期待をいいことにして、社会統合不全に答えを出せない支配階級は、こぞって国を国民を食い物にしていると云わざるを得ない。


 
  List
  この記事は 96225 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_96294
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
安倍晋三官房長官の政権公約「美しい国、日本。」 「なんで屋−驀進劇−」 06/09/02 PM09
99941 テレビ局の人は、テレビを信頼していない。 浅田祥幸 05/10/28 PM06
97129 改革とは万人が担うものではないか 琵琶湖 05/09/10 PM00
96520 小泉人気、マスコミに騙されるな! 吉川明博 05/08/27 PM10
96494 “大衆の目先化”を加速させている犯人はマスコミ 仲西大輔 05/08/27 PM00
96492 小泉個人の「私的怨念」と「私益」こそ「改革」の正体ではないか? 阪本剛 05/08/27 AM10
96380 テレビ型政治の次は? 橋口健一 05/08/24 AM09
「民営化」は「郵政」だけではない 米国政府要望書に見る「民営化」のターゲット 「消費経済研究会」 05/08/22 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp