アメリカ→官邸→マスコミによる支配
96294 小泉政権とマスメディアの蜜月
 
小圷敏文 ( 壮年 大阪市 建築士 ) 05/08/21 PM09 【印刷用へ

小泉政権は、発足当初は8割と高い支持率を誇り、今だに4割台を維持する。その秘密は、「米百俵」「聖域なき改革」「恐れず怯まず捉われず」「骨太の方針」「ワイドショー内閣」「改革の『痛み』」「抵抗勢力」「三方一両損」「感動したっ!」「自民党をぶっつぶす」等のボキャブラリーに負うところが大きい。しかし、

―――――――――引用開始―――――――――
 これらの言葉を並べてみて、改めて思ったのは、かっこよく分かりやすいが、中身には乏しいという点である。例えば、小泉改革の骨子とも言える「骨太の改革」は、言葉こそ聞こえは良いが結局のところ分からずじまいであった。その具体性の乏しさは、今日の小泉改革の迷走ぶりに如実に表われている。

 このように、小泉の言葉は表面のパフォーマンスに終始するあまり、肝心の中身の乏しいものとなっている。(「小泉語録から見る小泉純一郎の本質」リンク
―――――――――引用終了―――――――――

と云える。「ワンフレーズ・ポリティクス」というからには中身が必要だが、それが無ければハッタリに過ぎない。文脈で喋れば馬脚を現すが、キャッチフレーズのみを連呼することで誤魔化している。事なきを得ている。小泉内閣の実績は、

―――――――――引用開始―――――――――
●郵政民営化
小泉内閣は、郵政民営化の実現を公約として掲げた。しかし、2005年に政府が国会に提出した郵政民営化法案は参議院において否決され、公約は達成されなかった。
●一内閣一閣僚
小泉内閣は、一内閣一閣僚を公約として掲げた。しかし、2005年現在、政権発足時からの国務大臣は竹中平蔵内閣府特命担当大臣のみとなり、公約は達成されなかった。
●国債30兆円枠
小泉内閣は、「国債30兆円枠を守る」ことを公約として掲げた。政権発足1年目の予算案では公約を達成した。しかし、政権運営2年目以降は国債発行額は30兆円を突破し、公約は達成されなかった。国会で公約違反を追及されると、「この程度の公約を守れなかったことは大したことではない」と答弁した。答弁への批判の煽りを受けて参議院議員選挙で民主党に敗北。その後、発言を撤回し謝罪した。
●年金改革
小泉内閣は、社会保障制度の根幹である年金に対し、抜本的な改革を行うと公約した。しかし、国民年金保険料の未納や、加入資格がないにも関わらず厚生年金への違法加入など、小泉純一郎自身の年金関連の違法行為が次々と発覚した。連立与党の公明党が「今回の年金制度改革は百年安心プラン」と宣伝したものの、早くも見直しが始まっている。
(「小泉内閣の実績:ウィキペディア(Wikipedia)」リンク
―――――――――引用終了―――――――――
と悉く頓挫していることで、成果は何もないことは明らか。それどころか、郵政民営化問題にかまけて国政を私物化し、自民党どころか国をも潰しかねない暴走状態にある。にもかかわらず、今までの内閣なら必ず総辞職か少なくとも閣僚の一人は辞任に至るような出来事があっても、マスコミに叩かれる事がない。

それはひとえに、『ワイドショー内閣』化しているからに他ならない。その奇人・変人ゆえの意外性を珍重するマスメディアとの蜜月関係にあるからである。大衆の統合不全突破期待をいいことにして、社会統合不全に答えを出せない支配階級は、こぞって国を国民を食い物にしていると云わざるを得ない。


 
  List
  この記事は 96225 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_96294
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
安倍晋三官房長官の政権公約「美しい国、日本。」 「なんで屋−驀進劇−」 06/09/02 PM09
99941 テレビ局の人は、テレビを信頼していない。 浅田祥幸 05/10/28 PM06
97129 改革とは万人が担うものではないか 琵琶湖 05/09/10 PM00
96520 小泉人気、マスコミに騙されるな! 吉川明博 05/08/27 PM10
96494 “大衆の目先化”を加速させている犯人はマスコミ 仲西大輔 05/08/27 PM00
96492 小泉個人の「私的怨念」と「私益」こそ「改革」の正体ではないか? 阪本剛 05/08/27 AM10
96380 テレビ型政治の次は? 橋口健一 05/08/24 AM09
「民営化」は「郵政」だけではない 米国政府要望書に見る「民営化」のターゲット 「消費経済研究会」 05/08/22 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp