心の本体=共認機能の形成過程
960 規範意識の形成の土台は? 
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 01/03/07 AM02 【印刷用へ
私はエゴを抑制するものとして規範(意識)という機能あるいは言葉を提起しましたが、他にも共感能力、相手との一体感、プラス視、あるいは相手から期待を感じること、そして期待に応える充足感等の様々な現象と機能があげられるでしょう。そしてそれらが人間の主体の内部に存在することまでは確かでしょう。
 
ここで考えてみたいのは、言葉以前の不文律としての規範意識は何を土台にしているのかです。
 
規範意識が人の心の奥底から自ずと湧き上がってくる感情であり、相手のプラス視が人間の相手尊重の最も原点にあるとすれば(これは私の仮説ですが)、それは相手からの期待(を感じる機能と、それに応えることで充足を感じる機能)ではないでしょうか?
 
このことは赤ん坊が、幼児期の子供が母親や家族たちの表情を見ながら、物事や行動の善悪の判断を徐々に積み重ねていくことで、その後の規範意識の土台を作っていくということからの類推です。
 
もちろん規範意識は経験の蓄積によっても形成されるでしょう(経験認識や自然認識を元にした諸規範)。それは大脳の発達した動物から受け継いだ機能(記憶回路)を土台にしています。
 
しかし人間に見られる規範意識はそれとは必ずしも全てが重なるわけではないように思われます。
 
仮に上記の説に立つとすれば、冒頭に記したそれぞれの現象や機能は、母子のスキンシップを原点とする充足機能(取りあえず親和機能と呼びます)
→相手のプラス視
→それを土台にした、相手の期待を感じ、期待に応えようとする機能(規範意識の土台)
という関係となるのではないかと考えられます。(これら全てを共感機能と呼んでもいいかもしれません)

つまり期待に応えようとする意識が、相互に働き合うことで、規範意識の土台が形成され、更にその土台の上で観念化された社会規範を受容していくのではないでしょうか。


 
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_960
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
315507 『規範型』とは? 匿名希望 16/05/22 PM02
221460 【図解】「自我=エゴ」を制御するにはどうする? 佐藤賢志 09/12/07 PM10
221322 人々の生活の中に埋め込まれている行動・所作の思わぬ効果 匿名 09/12/05 PM10
210689 相手尊重だから成功した 大脇正嗣 09/07/12 PM10
210627 7/11.サロンにて k-duo 09/07/11 PM11
191907 規範ではなく、規範意識の形成が大切 杉山 08/11/10 PM09
大阪学祭用お題追求会議 「ルポルタージュdeなんで屋JAPON」 08/09/29 AM00
「道徳教育」は人間の精神構造から見てほとんど無意味 「にほん民族解放戦線^o^」 08/09/23 AM04
185579 「道徳教育」ほどナンセンスなものは無い tanvool 08/09/13 PM01
104732 「大手町のエリートサラリーマンは構内でタバコを吸いません」 メル ギヴソン 06/01/28 PM09
98877 規範はみんなの期待とセット 河野梨恵 05/10/10 PM10
98715 規範は外圧適応のための方法 樫村志穂美 05/10/07 PM11
97508 規範って現実を捉えた構造そのもの 三輪歩未 05/09/18 AM00
96646 現実直視が規範意識を形成する 門奈津子 05/08/31 PM05
95948 規範の再構築 川井孝浩 05/08/13 PM02
94064 「相手のプラス視」の重要性 多田奨 05/07/07 PM06
92401 相手を想うことの大切さ 大森義也 05/06/09 PM10
92399 不安発の規範意識との違い 雪竹恭一 05/06/09 PM10
92382 「新たな規範」とは次代の答えそのもの 匿名希望 05/06/09 PM09
90631 規範の形成も「本気の」充足追求 匿名希望 05/05/13 PM01
90175 問題は“不安発”の意識構造 福島健 05/05/07 AM10
88960 機能不全の元凶を再生させることが急務 山上勝義 05/04/16 PM07
87980 新たな規範は充足感を高め、同時に主体封鎖を解く鍵になる。 田宮昌明 05/03/27 AM00
86908 短期滞在で人類の原点に触れる 家村和宏 05/03/07 PM01
85998 社会規範とは皆の期待に応えるにはどうすべきかを定めたものだ 磯貝朋広 05/02/20 AM00
85982 規範意識とプラスの土台 山田真寛 05/02/19 PM11
84616 共認充足に裏打ちされた規範意識 長谷川文 05/01/25 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
因果関係と収束関係(実現関係)の矢印
原因→逆境(不全)⇒どうする?⇒可能性収束  
原基構造の不変部分と可変部分
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(2) 5000年前の文字登場以降、共認機能は衰弱している?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
『生命と場所』より…生命観
共生思想ということ
精霊の措定は手順律の逆転か?
「生物的な知」と「機械的な知」
「変性願望」批判
認識の創発性
認知と探索と統合
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
未知の世界の知性?
シャーマニズムと幻覚回路
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp