素人による創造
9576 大衆の言葉の変化もプラス思考で
 
平川要 HP ( 22 佐賀 経理 ) 01/09/01 PM09 【印刷用へ
先日、ニュースを見ていたら、現代の若者の言葉の乱れの問題を取り上げていた。らぬき言葉や「だよねー」とかその他もろもろだ。

  しかし、これは昔からあったことのように思う。
例えば、江戸時代。江戸っ子はべらんめい口調でしられているが、もともとはずーずー弁もいいところだった。一九の「東海道中膝栗毛」を読めばわかる。それがなぜ、いわゆるべらんめい口調へ変わったのか。
  諸説はあるが、当時の流行によるところが大きいと言われている。いまでもあるが、言葉を省略したり、ひっくり返したりといったことが盛んに行われていた。(きっと、当時の老年層は「言葉の乱れ」を嘆いていたに違いない。)

 例えば、「べらぼうめ」(大工が使うへら棒。なんのやくにも立たない)「あたぼうよ!」(あたりめえだあ、べらぼうめ!の略)など、、。
現在、我々が使っている言葉も、電話で「もしもし」(申し上げる、申し上げる)とか「ありがとう」(有難いことでございます)「さよなら」(左様ならば、これで)「こんにちは」(今日はお日柄もよく、、)などなど、、、。相手を「お前」と呼ぶのもおかしい。もともとは相手を手前(自分の手の前。いまでも、てめえ!というふうに残っている)と言い、自分をおん前、みまえ(相手の御前)と言った。

  いずれにしろ、これらの言葉は当時の口コミで広がっていったのであり、それが現在でも続行しているだけではないだろうか。言葉ひとつをとって若者の問題とするのはおかしい。
 むしろ、これからは新しい潮流を感じ取り、新たな造語をうけいれていく柔軟性が必要だと思われる。もちろん、個々に、気に入らない言葉使いや残しておきたい乙な言葉があるだろう。けれども、それらは口コミによってどんどん変わっていくものなのではないだろうか。そして新たな言葉を創り出していくのもまた、我々自身なのである。
 
  List
  この記事は 8049 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_9576
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp