企業を共同体化するには?
95180 社会統合課題の位相
 
熊澤敬輔 ( 28 高知 会社員 ) 05/07/27 AM02 【印刷用へ
私権時代は、市場拡大ありきの政府の意識と大衆の金持ちになりたいという意識が合致していた。市場拡大のためには事業の効率化が不可欠であり、必然的に分業されることで専門性が高まり様々な職業も存在する。
そんな中で、大衆は各々の職業、企業の中において、個人の私権獲得を目指していた。したがって、個々人は社会の全体構造はみえていなくても、市場拡大=金を稼ぐ(私権獲得)という意味で課題が共認されているため、社会も統合されていた。

これに対して現在、私権が消滅したにも関わらず、上記の全体構造は変わらない。そんな中、相変わらず市場拡大を目指す政府に対して、私権よりも皆の役に立ちたいといった「みんな」に意識が移行している大衆、という大きな意識のずれが生じているが課題が共認されていないため、社会も統合されない。また、課題(外圧)の中身は社会を何とかしたいというみんな期待である。

一方でなんで屋では、副業としてやっていますというと肯定的に捉えてくれるのに対して、他に仕事がないと思われた時は心配されてしまうことがある。副業という言葉の背景には専業よりもより下の位相であるという意識を含んでいるようだ。
大衆は、潜在的には「みんな」へと意識転換されているものの、まずは分業された各々の仕事をもち、一定収入を得ることが最低限必要であるという旧い意識も根深く残っている。

市場拡大という課題に対する答えの一つが分業による効率化であるならば、課題の変化した現在、個々人が分業である目先の自分課題に埋没したところで問題が解消されることはない。
社会を何とかしたいというみんな期待(課題)に対する答えを知るためには、まずは意識潮流の変化、みんな期待の中身を把握することが重要であり、これが出来るのがなんで屋である。副業であっても、社会全体の構造を把握し統合するという、位相としてはより上位の課題であることを共認する必要がある。
 
  List
  この記事は 24982 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_95180
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp