日本人の起源(縄文・弥生・大和)
9505 2万年前に南からも移住していた
 
麦秋 ( 34 東京 ) 01/08/31 PM09 【印刷用へ
移住の時期などに関して、さらに注目すべき遺跡がありました.

●鹿児島県曽於郡財部町の耳取遺跡

大隅半島の付け根近くにあるこの遺跡で「耳取ビーナス」と呼ばれる、軟質シルト質頁岩の線刻礫[せんこくれき]が出土しました.約2万4000年前のものとされ、同時代の日本列島で実用品以外の石器の出土は少ないことから注目を集めました.

こうした考古学的な遺跡からも、時の「日本」に南北両方から人々が移住してきたことがわかります.

●土器の製作跡も見つかっている

同じく鹿児島県薩摩半島の先端近くに位置する水迫(みずさこ)遺跡は、1999年に発見されました.桜島が噴火したとみられる1万1400年前と2万4000年前の火山灰層に挟まれた地層にあり、竪穴住居跡、道跡、そして多数の石器(細石刃・細石核)などがセットで出土しました.

最近行われた追加発掘でも新たな集落跡が相次いで見つかるなど、その規模の大きさもさることながら、国内では初めて、旧石器時代に工作の痕跡がある道の跡が出土しています.これまで移住生活と考えられてきた時代観に大きく修正を迫るものとして、今後も注目を集めることでしょう.

住居跡の出土状態からみて、定住と移住を交互に行っていたのではないかと見られています.

さらにこの遺跡では、土器に火入れを施す炉跡(ファイアーピット)も発見されました.大きさにして直径約50センチ、深さ20〜15センチ程度.住居跡2基より約4・5メートル離れた位置で見つかっています.たき火の繰り返しにより土が赤く変色し、燃え残りの炭化物も見つかっています.
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_9505
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
「経済破局に至る基本構造」
銀行国有化しかない
金貸しの没落=私権原理の終焉
2008年、世界金融危機は何を意味するのか?
西欧近代:宮廷ユダヤが王族への借金をカタに近代国家システムを形成
日本銀行の通貨発行の仕組み
影に隠れて暴走してきた金貸しの支配が明るみになった
TPPをめぐる俗論を反証する@〜横行する数字のトリック、おかしな議論への反証
TPPをめぐる俗論を反証するA〜「国益VS農業保護」論は、国益に反する
国破れてTPP在り
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼル@
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼルA
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(2)カール・ポランニー
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(3)ミヒャエル・エンデ
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(5)エルンスト・フリードリッヒ・シューマッハー
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(7)サティシュ・クマールその2
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(8)ヴァンダナ・シヴァ
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(9)宇沢弘文
江戸時代の思想11 大衆支配のための既成観念を全的に否定し、新概念を創出しようとした安藤昌益
現状の経済システムに問題あり
作られた物欲
過剰消費のもう一つの理由
消費社会と受動社会がつくり出す、矛盾と危険性
国債残高
貨幣の問題をめぐってC
貨幣の問題をめぐってD
長期金利の上昇は本当に起こるのでしょうか?
市場「原理主義」の限界
市場は等価交換ではない、外部不経済を捨象している
等価交換など存在しない
消費の自由のいかがわしさ。
消費が変わる。消費を変える。
「所有価値」から「利用価値」への転換
市場社会は人間の欲望を飽くことなく増幅させるーーー金銭犯罪の五つの類型
フェアトレードは市場拡大の幻想取引ではないか?
自我経済学から共認経済学へ
「需要発から供給発へ」
諸外国の公共事業民営化はなぜ失敗したのか?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp