共同体社会の実現
94970 漢字と宗教と社会統合
 
吉国幹雄 ( 53 鹿児島 講師 ) 05/07/23 PM02 【印刷用へ
日本に「漢字」が伝わったのは一般には古事記の記載に基づいて、百済から4世紀中ごろ(古墳時代という私権闘争期)とされるが、金印が送られたのが57年なので、ほぼ1世紀頃から日本に少しずつ伝えられたのだろう。一方、帰化人によって仏教に先駆けて「祖霊信仰」もこの頃から伝えられたと考えられる。「漢字」と「宗教」がほぼ機を一にして日本へ伝来している。大和朝廷が統合する前のことである。

現存する最古の「漢字」は,紀元前1400年ごろの殷の後半期の都跡(殷墟)から出た甲骨文字といわれる。エジプト文字・インダス文字が過去の遺物となったのに対して、漢字は東南アジアに漢字圏をつくり、時代とともにあるいは地域によってその形や意味を変えながら現在でも生きている共認言語である。

<漢字>
リンク
 
「甲骨文字」や青銅器に彫られた「金文」を見ると、文字と言うよりも象徴(シンボル)だ。シンボルであるが故に、文脈によらず時代を超えて現在に生きているのか…
大阪で高校教師を務める山本史也は「神様がくれた漢字たち」(理論社)において、「漢字」は一つ一つが物語(神話)をシンボライズしており、「漢字」が王と神とを結ぶもの、王の特権を保証するために創造された側面が強いと述べている。ここで述べられている漢字という物語は現在の解釈とはかなり異なっており、その真偽は定かではないが、少なくとも一つ一つの漢字が規範(共認)そのものをシンボライズしているように思える。

例えば
>「女」の字は、両手を交えてひざまずく「女」の姿勢を表します。つつましく神に仕え従っているのです。(中略)「女」とは、本来神の傍らにあることを許された特権的な性をいうものです。それが女の本質であった<
そして、しばしば「女」は神に寵愛され、神の占有するものなので、
>「妻」として「夫」の氏族の一員となるからには、なお正式な加入儀礼が要求されました。「うかんむり」の示す祭廟に入り、その祖霊の前に恭しくひざまずくのです。その形が「安」。(中略)そして授かった祖霊の保護のもとで、初めて「女」はその「家」における安定した地位を獲得するに及びます」

ボス集中婚から安易な一対婚への戒め(規範)を「女」の字とその関連した漢字群に汲み取ることが出来る。「女」という漢字が女の使命・役割を示している。

殷は一種の神権国家で、王は上帝(天)に仕える宗教的最高権威者として、卜占をもって天意をうかがったとされるが、その大衆と神の媒介項に王が存在し、彼らを結ぶ紐帯として「漢字」が使われていったのだろう。「宗教」も「漢字」も統合共認の手段として使われたのはほぼ間違いないと思うが…

>現実には失われた心(=期待応望)の充足欠乏に応えてくれるものとして、本源価値に立脚した宗教が登場する。
頭の中だけなら、誰もが全面的に自主共認できる。
そうして人々は、自ら倒錯観念収束を強めていった。<(5869、四方さん)

果たして「漢字」はどうだろう。文字言語という人間だけに備わった観念を通して人々を統合共認していくわけだが、これほど全地域に広がった「漢字」であるからして、倒錯観念とは位相の違う人々の意識を統合していく何かがあるようにも思う。

確かに「神」「祖霊」は私権時代における自分(たち)に都合の良い超越存在ではあるが、やはり人々がひきつけられるのは、「漢字」を通して「超越存在」・「精霊信仰」が髣髴され、超越観念=事実観念を感じる(その意味では倒錯観念)からではないか。現在においても、文字にすると事実であるような超越性をしばしば感じるのではないか。

「宗教」や「漢字」が私権時代に必ずといっていいほど国家の成立(社会統合)とセットになっているのは、一つにはこの超越存在観(超越観念)が社会統合に不可欠だからではないか。そうすると、構造認識・事実観念こそが次代の統合に不可欠ということも逆に言えるだろう。
 
  List
  この記事は 5869 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_94970
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp