次代の活力源は?
92137 自我人間(進化過程)
 
匿名希望 05/06/05 PM09 【印刷用へ
 私は塾で働いている。

 私は数学が大好きである。そしていま数学を教えるのが楽しくてしょうがない。

 では、何が楽しいのか?

 当然ながらうまくいくときもいかないときもある。でも楽しい。それは好きなことをやっているから楽しいと私は思っていた(もちろん、今もそういう面はあるが、、、)。しかし、授業には生徒がいて、その後ろに保護者がいて、また私に授業を任せてくれている会社の人たちがいる。その期待に応えたいという気持ちが今は大きい。これは、自我人間と称された昨年の私にはなかった思いである。
 
 では、なぜ自我人間は生まれ変わった(変わりかけ?)のか?

 それは企画の一部を任された、塾の1泊2日の野外体験学習での出来事だった。私は、この自然体験、野外体験なるものが大好きである。授業と同じく好き好きパワーで突っ走っていた。しかし、企画を担った今回は楽しみという気持ちがなく、不安や心配が私を埋め尽くしていた。

 この不安を吹き飛ばしてくれたのは間違いなく仲間だった。

 仲間のみんなの成功させるという気持ちが体中を伝わる。みんながいる。みんなが協力してくれている。当日は大成功だった(細かい反省はいっぱいあるけど)。自我人間の自の字もそこにはなかった。

 この経験が私にみんなの期待というのを感じさせてくれた。そして、それは授業や他の場面をとっても同じであることも。

 楽しいから好きだからは活力源だが、自分だけの充足で終わらず、みんなの充足になれば活力倍増である。

 「自分からみんなへ」の意味を少しわかった気がする。あとは、やりたいこととか考えずに素直に期待に応えていけるようになったら自我人間卒業できるかな。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_92137
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
はたらくことって 「smile☆smile☆smile☆」 05/06/07 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp