企業を共同体化するには?
91839 認識形成の場は私権の現実の数だけある。
 
田野健 HP ( 42 東京 監理 ) 05/06/01 AM03 【印刷用へ
>従って、潜在的な新しい可能性が顕在化して新しい現実と成るためには、古い殻を内側からこじ開け、私権の現実の中を突き抜けてゆく必要がある。だとすれば、新しい演場、とりわけその中核を成す『認識形成の場』自体が、私権の現実(国家や市場)の真只中に乗り込み、内部から私権世界を解体・再統合しながら、突き抜けてゆくしかない。(35272)

この投稿を今から2年前に読んだ時、最後のこの部分(現実の真っ只中に乗り込み突き抜ける!)に非常に感銘を受けたのを覚えています。ただその時は現実の真っ只中とか突き抜けるという言葉に感覚レベルで共感していたのだと思います。

最近認識が深化していく中でこの時の感覚は現実の課題へとどんどん具体化しつつあります。先日のなんで屋劇場の中で最後にこんな話が聞けました。

「半専任という意味は社会統合を仕事にしていくという点で様々な可能性を示してくれている。
例えば社会統合の場に参加する事。
そこで獲得した認識を拡げていくこと。供給者になること。
それを使って自らの所属している企業や集団を変える事。
集団を変えることがすぐに出来ないのならまずはその集団の中の数人でもいいから共認を集めること。

半専任というのは裏返せば庶民感覚が生命線であり、新たな社会統合を実現するには万人ができる条件にしなければ成立しないという事である。誰もが担えるという仕組みを作り出す事が社会統合の過程そのものであるといっても過言ではない。

その時に忘れてはならないのは1点、認識は遊びではない仕事であるという認識、これさえもてばかなりの部分は解決する。そして真っ先に塗り替えなければいけないのが社会の統業(公務)は専業でなければできないという私権時代の固定観念である。」

その気になれば現実の課題、日々の仕事、それをとりまく集団、全てに適応していけるのが新概念であり、構造認識です。
私権社会の真っ只中から突き抜けるというのはまさに当事者として行き詰まっている私権時代の壁をひとつひとつ現実に解決していく事だと思います。
つまり認識形成の場とは人工的に作られたどこか特定の場所の事ではなく今、生きている私権世界の現実の場のことであり、突き抜けていくとは死に体の私権社会を本来の活力を持った共認社会へ導いていく過程のことなのだと思いました・・・・やる事(=仕事)は山のようにあります。



 
  List
  この記事は 35272 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_91839
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
160631 可能性を顕在化させるのは、日々の活動そのもの 匿名希望 07/09/07 AM01
93317 「専任/半専任」は分けられなくなる 木村明子 05/06/25 PM01
92668 格好の投資先 石橋直樹 05/06/14 PM07
92033 「半専任」ありき 倉橋利弘 05/06/04 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp