企業を共同体化するには?
91839 認識形成の場は私権の現実の数だけある。
 
田野健 HP ( 42 東京 監理 ) 05/06/01 AM03 【印刷用へ
>従って、潜在的な新しい可能性が顕在化して新しい現実と成るためには、古い殻を内側からこじ開け、私権の現実の中を突き抜けてゆく必要がある。だとすれば、新しい演場、とりわけその中核を成す『認識形成の場』自体が、私権の現実(国家や市場)の真只中に乗り込み、内部から私権世界を解体・再統合しながら、突き抜けてゆくしかない。(35272)

この投稿を今から2年前に読んだ時、最後のこの部分(現実の真っ只中に乗り込み突き抜ける!)に非常に感銘を受けたのを覚えています。ただその時は現実の真っ只中とか突き抜けるという言葉に感覚レベルで共感していたのだと思います。

最近認識が深化していく中でこの時の感覚は現実の課題へとどんどん具体化しつつあります。先日のなんで屋劇場の中で最後にこんな話が聞けました。

「半専任という意味は社会統合を仕事にしていくという点で様々な可能性を示してくれている。
例えば社会統合の場に参加する事。
そこで獲得した認識を拡げていくこと。供給者になること。
それを使って自らの所属している企業や集団を変える事。
集団を変えることがすぐに出来ないのならまずはその集団の中の数人でもいいから共認を集めること。

半専任というのは裏返せば庶民感覚が生命線であり、新たな社会統合を実現するには万人ができる条件にしなければ成立しないという事である。誰もが担えるという仕組みを作り出す事が社会統合の過程そのものであるといっても過言ではない。

その時に忘れてはならないのは1点、認識は遊びではない仕事であるという認識、これさえもてばかなりの部分は解決する。そして真っ先に塗り替えなければいけないのが社会の統業(公務)は専業でなければできないという私権時代の固定観念である。」

その気になれば現実の課題、日々の仕事、それをとりまく集団、全てに適応していけるのが新概念であり、構造認識です。
私権社会の真っ只中から突き抜けるというのはまさに当事者として行き詰まっている私権時代の壁をひとつひとつ現実に解決していく事だと思います。
つまり認識形成の場とは人工的に作られたどこか特定の場所の事ではなく今、生きている私権世界の現実の場のことであり、突き抜けていくとは死に体の私権社会を本来の活力を持った共認社会へ導いていく過程のことなのだと思いました・・・・やる事(=仕事)は山のようにあります。



 
  List
  この記事は 35272 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_91839
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
160631 可能性を顕在化させるのは、日々の活動そのもの 匿名希望 07/09/07 AM01
93317 「専任/半専任」は分けられなくなる 木村明子 05/06/25 PM01
92668 格好の投資先 石橋直樹 05/06/14 PM07
92033 「半専任」ありき 倉橋利弘 05/06/04 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp