否定脳(旧観念)からの脱却
91838 「因数分解」から学ぶ
 
秋田稔行 ( 25 大分 会社員 ) 05/06/01 AM01 【印刷用へ
勉強嫌いで、数学の授業はほとんど落書きをしていた私が唯一、「これはっ・・・」と思ったものがありました。

それは「因数分解」と呼ばれるものです。

aX2−a+bX2−b=0

a(X2−1)+b(X2−1)=(a+b)(X2−1)

X2−1はさらに因数分解できるので、

=(a+b)(X+1)(X−1)=0

X=1,−1 または a=−b
 
最初の式で答えを出そうとするととんでもなく時間がかかってしまいますが
因数分解を使うと、簡単にその答えを出せてしまいます。

その他代表的なパターンがあり、それさえ見抜ければかなり複雑な計算も非常に分かりやすい計算式に置き換えられます。

※一つ重要なのはどんな因数分解でもまず共通因数があるかどうか確かめてから次へ進むということ。

当時こんな複雑な式が、これほど簡単になるのかという単純な驚きとちょっとした面白さを感じていただけだったのですが、最近この考え方(共通因数を取り出していく→単純にしていく)は実はいろいろなところで役に立つのだなと思うようになりました。

(例1)複雑な仕事をするということを考えた時、多くの人がそれぞれのやり方でバラバラにやりはじめると、時間もかかるうえ、収集がつかなく最後には破綻してしまう。

そこでまず色々な人がかかわるであろう接点領域(共通因数)を明確にしながら、仕事の全体象を把握し方針を立て、それぞれの専門領域での役割を担いつつ、互いに答えを出していきます。そのようにしていくことでかなり複雑な仕事も、円滑に効率よく進めることは可能になります。

(例2)人間というものを考えた時、それぞれ育った環境が違い、考え方や趣味、嗜好、姿、形も少しずつ違う。「個性」「人それぞれ」に代表されるように、「共通点」よりも「差異」ばかりが注目される現代では、人間というものが一見、非常に不可解な存在で理解不可能なものに思えてしまう。

当然、人間にも共通するものは非常にたくさんあるわけで(案外気付いていないだけ)、それをくくり出す(抽出する)ことさえできれば、ぶっちゃけどんな人間でも理解しあえるといってよいように思います。(例えば、喜んでもらうと嬉しい,評価されると嬉しい,みんな同じような悩みがあることに気付くと安心する,etc)

因数分解でもそうだったのですが、重要なのは複雑に見える対象の「差異」そのものに目を向けるのではなくまず「共通点」を探すことなのだと思います。

「共通点」が明確になっていけばいくほど(⇒原理の解明)、逆に「差異」そのものがなぜうまれたのかということも実は明らかにすることができます。

今後も様々な局面で応用できるよう精進していきたいと感じています。


 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_91838
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
91996 RE:「因数分解」から学ぶ 佐藤英幸 05/06/03 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
サルからヒトへの足の指の変異:『地上生活順応説』には物証もなければ論理的反証が多すぎる
ヒトはいつから言葉を話し始めたのか(2)
人類史を追求する意義と視点
原基構造の不変部分と可変部分
地球の気候変動と人種移動
モンゴロイドの歴史@ 20万〜4万年前 スンダ・モンゴロイド、北方モンゴロイドの誕生
モンゴロイドの歴史A 4万〜1.3万年前 中央アジア・モンゴロイドの誕生と拡散
モンゴロイドの歴史B 1.4万〜1万年前 スンダ・モンゴロイドの拡散
モンゴロイドの歴史C 1万年前〜6000年前 新モンゴロイドの誕生と拡散
モンゴロイドの歴史D 5500〜3000年前 寒冷化→新モンゴロイドの本格的な南下→中国へ
モンゴロイドの誕生と北方への進出
南方モンゴロイドの拡散と新モンゴロイドの誕生
北方モンゴロイドの拡散(ツングース族、モンゴル族、テュルク族の起源)
家畜化と農耕と遊牧、都市国家1〜家畜化と社会余剰〜
家畜化と農耕と遊牧、都市国家2〜家畜化と社会余剰〜
牧畜によって何が変わったのか?
遊牧によって何が変わったのか?
交易によって何が変わったのか?
遊牧部族の父系制転換
中国文明の起源
遊牧民の中国支配史2: 〜夏・殷・周の成立〜
遊牧民の中国支配史3: 〜春秋戦国時代・秦〜 550年間にわたる遊牧部族同士の同類闘争が、心を歪ませ、思想を発達させた
遊牧民の中国支配史4:漢の時代〜冊封体制と朝貢制によって中国史上初の私権統合体制を実現した漢帝国〜
遊牧民の中国支配史5: 〜五胡十六国・南北朝の時代〜 400年に渡る戦乱により、血縁を紐帯とした部族集団が悉く解体され、現代中国の原型=3層の人民構成が形成された
中国とは何者か?−ヨーロッパとイスラムと中国−
潮流1:共認原理と私権原理
2600年前頃、古代宗教・思想の世界同時成立期・・・・そして大転換期の現代
1万年前以前の極寒期には南欧以北の欧州は無人だった
原欧州人とシュメール人の出自
5500年前、イラン高原で最初の略奪闘争(戦争)が勃発
3500年前、コーカサスと地中海は略奪部族の支配国家と山賊・海賊だらけになった
2900年前、海の民の侵略で地中海沿岸の部族共同体は崩壊
略奪集団であるが故に自我の塊になった西洋人
西洋人の精神構造と異常な性意識

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp