心の本体=共認機能の形成過程
91777 感謝も、深呼吸も
 
矢野悟 ( 23 高知 会社員 ) 05/05/31 AM02 【印刷用へ
 まだ1度しか経験がないけど、感謝のトレーニングをして涙が止まらなかった時のこと。特に意識していたわけではなかったけど、深く、ゆっくりとした呼吸できていたと思う。姿勢はどうだっただろう?リラックスできていたのは確か。

 そう考えると、感謝のトレーニングをしていてうまくいった時は、何かすべてがうまく機能していたように思う。断片的にうまくいったのではなくて、すべてが身体(あるいは意識)の中で一本に繋がった感じ。

 それに対して、うまくいかない場合。人に(自分に)感謝ができない、深呼吸がうまくできない、集中力が続かない、姿勢が悪い、そもそも人と目を合わせること自体が出来ない…。色んな人の投稿を読んだり、実際に色んな人と関わっている中で、このような事例に数多く出会う。

>最近の子供達は、深呼吸ができない。という話を聞いた(87136 塩貝さん)

>感謝と謝罪のトレーニングをしようとしても、なかなか自分を肯定できないという事例がたくさんでてきた(89322 本田さん)

>先日なんで屋に来た男性は、「今まで人に感謝をしたことがない」と言い切った
(91536 浅田さん)

 目をあわせられないというほど極端ではないにしても、すぐに体調を崩してしまったり、すぐに疲れてしまったりというのは結構ざらにあるのではないか。うまくいかないことがある時は、その不全が身体機能に異常をきたすという具体的な形であらわれることも多い。

 そんな時は、うまくいく時と正反対。一本に繋がるどころか、自分の中ですべてが分断されているような気がする。深呼吸しようと思っても、うまく奥まで空気が入らない。身体にも力が入らない。やたらと疲れを感じてしまう。そんな時の感謝は、「とりあえず感謝でも」という感じで表層的。やっても、「活力出ないな〜」というのを実感してしまう。

 そんな時は、どうするか。課題や問題を、整理してみる。昼間あったこと、夜言われたこと、嬉しかったこと、何か違和感を感じたこと。その他色々。

>呼吸によって心が落ち着いてきたら、「あえて雑念とたわむれよう」と私は言いたい。雑念を否定し振りはらうのではなく、雑念と積極的に遊んでみるのである。(77071 冨田さん)

 どんな行動も、どんな発言も、何か原因があって、それが色んな状況を作り出して、結果一つの行動、発言になっている。「そういう風に思ってたんだな、そういう風に感じてたんだな。ちょっとわかった。」そして、「ありがとう」「ごめんなさい。」ただし、それが自己正当化にならないように。それをすっ飛ばして、いきなり「ありがとう」はありえないように思う。

 収束=統合。分断されているものを整理し、統合していく。それで初めて、自然と感謝の念が湧いてくるんだと思う。
 
  List
  この記事は 76604 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_91777
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
鬼にならない為の「穴追い」って知ってます? 「男と女の職場話」 08/12/07 AM01
オーガズムを感じたい(o゜▽゜)o? 「イマドキの男女事情!?」 07/02/15 AM09
94032 まずは自分から心を開くこと そこから始めよう 匿名希望 05/07/07 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp