生物の起源と歴史
91649 変化と進化と男と女
 
東努 ( 27 大阪 建築士 ) 05/05/28 PM11 【印刷用へ
男と女がなぜ存在するのか?というテーマについて動物行動学者のWilliam D. Hamilton氏が1980年に提唱した「赤の女王説」という有名な説があります。

男と女 2つの性が存在するのは病原菌などを含めた外的環境の変化により適応しやすくなるため、新型のウイルスなどが出てくるのと同じスピードで、我々自身も変化するために「性」というものをつくって、遺伝子の組み換えが常に起こるようにした。というのがその説の主な内容です。

ルイス・キャロルの童話”鏡の国のアリス”の中で赤の女王が主人公アリスに向かって言ったセリフ
「同じ場所にとどまるためには、とにかく力の限り走り続けなければならないのだよ」
"Now, here, you see, it takes all the running you can do, to keep in the same place."
「もし他のところへ行きたいのなら、その2倍の速さで走らなくていけないんだ。」
"If you want to get somewhere else, you must run at least twice as fast as that!"

という言葉にちなんで命名されたものだそうです。

実際生物は37〜38 億年前地球上に誕生してからの約20数億年間よりも、15億年前雄雌分化してからのほうが遙かに多様な生物を生み出しており、遺伝子レベルでの変化という点では雄雌分化というのは確かに大きな意義があったようです。

しかし私たちはそんな遺伝子レベルでの変化よりも遙かに急速なスピードで変化していく人間の姿を目の当たりにしているように思います。そして、それもまた、「男女」という同類他者の存在によりもたらされている変化に他ならないのだとも思うのです。
 
  List
  この記事は 3295 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_91649
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp