生物学を切開する
91624 「遺伝子共同体」の持つ意味、その2
 
吉国幹雄 ( 52 鹿児島 講師 ) 05/05/28 PM09 【印刷用へ
「がん遺伝子」などの「変な遺伝子」が共同的、適応的であるかどうかは、遺伝子共同体が真っ当な外圧適応態(統合体)であるかどうかに関わっているのではないだろうか。

統合されずに、バラバラに発現すればそれぞれが適応的にも非共同的にもなりうる。つまり、個々の遺伝子はさまざまな可能性(危険性も)を持っており、共同体=場の統合力の強さ・組織力が外圧突破の可能性に向けて、遺伝子群を収束させ適応的に発現させていくのではないだろうか。

進化史をたどれば驚くほどに、さまざまな遺伝子やたんぱく質がその時々で、あるいは生物種を超えていろんな意味で使われている。生物はいろんなものを溜め込んで、さまざまに有効利用している。
が、このことは遺伝子が変化したというよりも、遺伝子のもつさまざまな可能性に対して、「遺伝子共同体」という場の持つ統合力や収束方向が変化したがために違う意味を与えたからではないだろうか。

だから、高度な免疫系もよくよく調べると異物に対して一見悠長に見えるし、がん遺伝子も、ウィルスの潜伏にさえも寛容なのではないか。

徹底した外圧適応力が共同体の統合力を強くし、そのことがより「変な遺伝子」を取り組み利用する。危機状況と向かい合わせになることで、統合力はますます強まり、種の存続をかけて「変な遺伝子」は取り込まれ、そして生物は新たなる進化を遂げていく。

もし、外圧適応力を失い共同体の統合力が弱くなれば、そのことで「変な遺伝子」を取り組むこともできなければ、それまでに取り組んだ「変な遺伝子」の反乱をも引き起こす。
現在起こっている「精子半減とがん化の増大」は無関係ではないのかもしれない。
 
  List
  この記事は 59 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_91624
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
お金〜ことわざより〜
市場と国家の共犯関係
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
潮流5:失われた40年
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
金貸しの存在構造、不換紙幣の成立
国家債務危機〜ジャック・アタリ氏から21世紀を読み取る3
現実に社会を動かしてきた中核勢力
統合階級の暴走で失われた40年
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
学者・官僚・マスコミは、骨の髄まで金貸しの手先である
劣勢のロックフェラー勢は日本篭城計画を進めるしかなくなった
バブルとバブル崩壊〜金融資本主義の罠を仕掛けたロスチャイルド勢
40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族
闇の勢力争いの現状分析〜闇の支配勢力研究家の諸説をどう読むか。
「特権階級の世界」と「大衆の世界」〜2つの世界の断絶と接点は?
民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決する!
アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
マネー経済の急拡大
マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
世界中を巨大市場化していく諜報機関
ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp