生物学を切開する
91624 「遺伝子共同体」の持つ意味、その2
 
吉国幹雄 ( 52 鹿児島 講師 ) 05/05/28 PM09 【印刷用へ
「がん遺伝子」などの「変な遺伝子」が共同的、適応的であるかどうかは、遺伝子共同体が真っ当な外圧適応態(統合体)であるかどうかに関わっているのではないだろうか。

統合されずに、バラバラに発現すればそれぞれが適応的にも非共同的にもなりうる。つまり、個々の遺伝子はさまざまな可能性(危険性も)を持っており、共同体=場の統合力の強さ・組織力が外圧突破の可能性に向けて、遺伝子群を収束させ適応的に発現させていくのではないだろうか。

進化史をたどれば驚くほどに、さまざまな遺伝子やたんぱく質がその時々で、あるいは生物種を超えていろんな意味で使われている。生物はいろんなものを溜め込んで、さまざまに有効利用している。
が、このことは遺伝子が変化したというよりも、遺伝子のもつさまざまな可能性に対して、「遺伝子共同体」という場の持つ統合力や収束方向が変化したがために違う意味を与えたからではないだろうか。

だから、高度な免疫系もよくよく調べると異物に対して一見悠長に見えるし、がん遺伝子も、ウィルスの潜伏にさえも寛容なのではないか。

徹底した外圧適応力が共同体の統合力を強くし、そのことがより「変な遺伝子」を取り組み利用する。危機状況と向かい合わせになることで、統合力はますます強まり、種の存続をかけて「変な遺伝子」は取り込まれ、そして生物は新たなる進化を遂げていく。

もし、外圧適応力を失い共同体の統合力が弱くなれば、そのことで「変な遺伝子」を取り組むこともできなければ、それまでに取り組んだ「変な遺伝子」の反乱をも引き起こす。
現在起こっている「精子半減とがん化の増大」は無関係ではないのかもしれない。
 
  List
  この記事は 59 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_91624
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp