生物学を切開する
91624 「遺伝子共同体」の持つ意味、その2
 
吉国幹雄 ( 52 鹿児島 講師 ) 05/05/28 PM09 【印刷用へ
「がん遺伝子」などの「変な遺伝子」が共同的、適応的であるかどうかは、遺伝子共同体が真っ当な外圧適応態(統合体)であるかどうかに関わっているのではないだろうか。

統合されずに、バラバラに発現すればそれぞれが適応的にも非共同的にもなりうる。つまり、個々の遺伝子はさまざまな可能性(危険性も)を持っており、共同体=場の統合力の強さ・組織力が外圧突破の可能性に向けて、遺伝子群を収束させ適応的に発現させていくのではないだろうか。

進化史をたどれば驚くほどに、さまざまな遺伝子やたんぱく質がその時々で、あるいは生物種を超えていろんな意味で使われている。生物はいろんなものを溜め込んで、さまざまに有効利用している。
が、このことは遺伝子が変化したというよりも、遺伝子のもつさまざまな可能性に対して、「遺伝子共同体」という場の持つ統合力や収束方向が変化したがために違う意味を与えたからではないだろうか。

だから、高度な免疫系もよくよく調べると異物に対して一見悠長に見えるし、がん遺伝子も、ウィルスの潜伏にさえも寛容なのではないか。

徹底した外圧適応力が共同体の統合力を強くし、そのことがより「変な遺伝子」を取り組み利用する。危機状況と向かい合わせになることで、統合力はますます強まり、種の存続をかけて「変な遺伝子」は取り込まれ、そして生物は新たなる進化を遂げていく。

もし、外圧適応力を失い共同体の統合力が弱くなれば、そのことで「変な遺伝子」を取り組むこともできなければ、それまでに取り組んだ「変な遺伝子」の反乱をも引き起こす。
現在起こっている「精子半減とがん化の増大」は無関係ではないのかもしれない。
 
  List
  この記事は 59 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_91624
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp