学者とマスコミはグルで頭脳支配
89430 知識や運動だけで実現課題は後回し
 
今井勝行 ( 中年層 東京 会社員 ) 05/04/23 PM10 【印刷用へ
学者、マスコミと聞いて、ある環境系のサークルに参加したときの様子を思い出しました。大学の先生、マスコミ、学生、環境運動家などが研究や活動の報告会がなされました。その後、討論会になり、それぞれに分かれて討論が始まる。最初に学者が用事があると言って帰ってしまった。その他は全員残り活発な討論会が始まりました。マスコミの人も学生も環境運動家も相当研究している様子で、分からないことを聞くと大抵のことは答えてくれる。そして、「どうしたら環境が改善されるのか?」「どうしたら環境に対する意識が変わるのか?」という議論になる。行政の環境政策が悪い、行政に働きかけて金を出させる運動が必要とか、意識が低いのは環境に対する知識がないからだとか、いろいろな意見が出ました。その場では何となく、そんなものかなあと感応意識を感じながら、こんな事で状況は変わらないなあと思いつつ聞いていました。
ふと疑問に思い「行政に金を出させることは、財政状況がもっと悪化するのでは、環境改善は過剰消費、過剰生産を押さえる事では」と質問してみました。そうするとその答えは、「それらのことは専門家が考えることです」とバサッと切り捨てられてしまった。この時、なんと一面的な見方しか出来ていないと痛烈に感じました。

大学の先生は先に帰ってしまったが、教えることはするが、議論等したくないと思えてきた(傍観者そのもの)。その他の活動している方は、環境活動は善意で同調できない人は意識の低い方々という感じなのか。根本的な問題をどこまで掘り下げて追求するかという方向には向かわない。彼らの仲間内の統合だけで、強力に運動の輪を広げようとする求心力はなく、もっぱらこじんまりしたサークル活動で満足している様でした。旧い支配観念に固執しているだけの様に思われます。
たとえば、環境に関して、日本人ほど環境に敏感な国民はいない。ゴミの収集ルール守る規範性、リサイクル率の高さ、低公害車の購入、無農薬食品の普及、環境基準法制化、省エネ技術の高さ、食肉の安全管理など、それでも年々環境は悪化している現実にどうするか、旧観念の意識で見ている限る、問題は解決しないのは明らかです。最早、善意などの感応意識ではどうにもならないが、ここの参加していたマスコミ人は感応意識と旧観念意識だけで世の中を見ている様に感じました。そうすると彼らの活動は知識や単なる運動だけで、実現課題は後回しでも良いと思っている。
 
  List
  この記事は 18718 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_89430
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp