学者とマスコミはグルで頭脳支配
88558 人権擁護法の危険性について
 
大森義也 ( 38 広島 建築設計 ) 05/04/08 PM10 【印刷用へ
人権擁護法が成立寸前である。
この法案には様々な指摘があり、根本的な問題を秘めていると言われている。
法案の問題性を指摘するに当たって、まずは“人権”の問題性を改めて明確にしておきたい。

■ホッブスによる人権の発明と封印

17世紀、トマス・ホッブスは著書「リヴァイアサン」にて、自然権の定義という形で、人権という概念を作り出した。

>「各人が、彼自身の自然、すなわち彼自身の生命を維持するために、彼自身の欲するままに彼自身の力を用いる自由」を「自然権」として概念定義し、そうした権利の行使される人間社会のありよう=「自然状態」を、「万人の万人に対する戦争」状態と表現しています。つまり「人間の自然状態」を、中世における牧歌的な良きものとしての意味合いではなく、極めて危険なもの、破壊的なもの、悲惨なものとして考えたわけです。(25563

人権とは、各人の自由意思と欲望でのみ司られるものであるから、ほって置くと「万人の万人に対する戦争」状態にしかならない。ホッブスはそれを抑止するもの=自然権を廃棄させるものとして

>公共の福利(コモンウェルス)を第一として国家を建設すべしという国家主権論を主張(25563

している。


■ロックによる封印の解除

半世紀後、ジョン・ロックは、

>自然状態を牧歌的・平和的状態と捉え、公権力に対して個人の優位を主張した。政府が権力を行使するのは国民の信託(trust) によるものであるとし、もし政府が国民の意向に反して生命、財産や自由を奪うことがあれば革命権をもって政府を変更することができると考えた。リンク

生みの親であるホッブス自身が、その危険性ゆえに封鎖するに至った自然権=人権。
その封印を解き、こともあろうに国家・政府を差し置いて行使してもよろしい、と言い切ってしまったのである。


■人権が暴走してこなかったのはなぜか

ところが、それ以降、封印が解かれたにも関わらず、ホッブスが危惧したような「万人の万人に対する戦争」には至ってはいない。

それはなぜか。

暗黙のうちに、人々=集団内において、秩序共認が図られていたからではないだろうか。
ロックの言うところの人権が本当に一人歩きしてしまうと、「なんでもありの戦争状態」に突入することは火を見るより明らかであり、それを避けんがために、秩序維持の共認が各集団や各国家で形成されていったのではないだろうか、と考えられる。
秩序共認の目的が、各々の集団や国家の私権の確保・維持のためだったとしても、とにかく人権の暴走だけは封鎖されてきたのである。


■人権擁護法の危険性

人権擁護法の危険性は、各新聞の記事や、リンクにもあるように、

・人権侵害の定義が非常に曖昧であること
・ 5名の人権委員会と、2万人の人権擁護委員に絶対的な権限が与えられること
・上記の各委員が被差別者、障害者などが優先して選ばれること

にある。
つまり「一握りの」「声の大きい」「弱者」に、「自由に」秩序共認を破壊できる権利を与える、というのがこの法案の骨子であると言える。
ヒステリックなまでの嫌煙運動家やジェンダーフリー信者がそのような権限を国のお墨付きで手に入れることができるのだ。


旧観念が「自由」というお題目とは裏腹に、一握りの人々によって、規制だらけのファッショ社会を作り上げていく(58457

これまでなんとか阻止されていた、上記のような状態を、この法案は実現させようとしているのである。
 
  List
  この記事は 58457 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_88558
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
116988 社会を知らないって恐ろしい 匿名希望 06/05/29 PM01
「人権」ってなに? 「なんで屋@滋賀」 05/12/10 AM02
共謀罪、そして人権救済条例・・ソフトファシズムの行方 「世界経済を読む〜共認経済学へようこそ!」 05/10/20 AM02
93754 人権擁護法は、ナチスの全権委任法に似てる? 佐々木健二 05/07/02 AM04
法律(旧観念)のインフレーション 「路上日記@なんば」 05/04/20 PM09
88755 私権社会の最終局面としての人権擁護法 本田真吾 05/04/13 AM02
88723 現実をますます隠蔽する「人権」 谷光美紀 05/04/12 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp