私権原理から共認原理への大転換
88497 全く新しい生存可能性の探索
 
大森義也 ( 38 広島 建築設計 ) 05/04/07 PM02 【印刷用へ
>この『必要か否か』という判断機能は、存在(本能・共認・観念)を貫く、極めて基底的な地平にある判断機能である。あるいは、全ての生物に備わっている不可欠の生存機能であると云っても良い。(33995

「必要か否か」という判断機能は、生物にとって、生存できるかどうかの命綱であり、その積み重ねによって生存可能性を探索していることになる。

人類はこの3000年間を通じて、私権原理を通して必要か否かを判断していくようになっていった。
私権原理を追共認し、私権原理を羅針盤に生き抜いてきた。生きるか死ぬかは、その判断(の積み重ね)によって決定されてきた。

ゆえに、1970年に貧困が消滅し、生存圧力から解放されて以来、どんな人でも、私権原理を尺度とした必要か否かの判断には違和感を感じるようになってきた。
しかし、社会システムが古いままなので、違和感を引きずりながらも、なんとか現在までやり過ごしてきたのである。

が、違和感の蓄積はここにきて飽和状態を迎え、人々は新たな判断機能を渇望し始めている。
違和感を引きずり、蓄積させたまま、生活し続けても、“生きている”という実感や充足は全く得られないのだ。
つまり、従来とは全く異なる位相での生存可能性を探索しはじめているといえるだろう。

・自分って何?
・生きるって何?
・私って必要とされてるの?

などの露店での問いは、一見自分の中を探索しているように見えるし、ちょっと話しただけだとそう思い込んでしまうケースは多い。
が、じっくり反応を探っていくと、探しても探しても出口が見えない、一向に共認原理に変わっていかない社会に対しての焦燥と諦観が浮き彫りになってくる。

彼らが本心で求めているのは、私権原理から共認原理への大転換であり、それを可能にする(または可能性を感じさせ、一緒にやっていこうと実感できる)答えではないか。
もっと具体的に言うと、「共認原理に基づいた必要か否かの判断基準」であり、「みんなに必要と判断された役割」ということになるだろう。
 
  List
  この記事は 33995 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_88497
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp