日本人の起源(縄文・弥生・大和)
8840 シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
 
細田卓司 ( 中年 香川 技師 ) 01/08/23 PM05 【印刷用へ
NHKの日本人はるかな旅』を見ました。以下のようなプロットでした。

 縄文人の遺骨から抽出したDNAを分析し,現生人類のそれと照合するとシベリヤのブリヤート族が同じDNA(南方系の例外がある・・これは続編のネタ振りだろう)を持つ事が分かる。考古学的な調査により,シベリヤの地に,人類が展開した時期そこは,(現代よりは)温暖な草原で,人類はマンモスを狩って生きていた。また,魚油を貯蔵する器として土器を使用していた。という事が分かっている。(他に替え刃式細石器など使用)

 再び寒冷期が巡って来た時,彼らの大半は,温暖な地を求めて移住を開始し,地続きのベーリング海峡を渡って現アメリカ大陸へ(ネイティブアメリカンの先祖だ)。またある分派は,同じく地続きであった現北海道へ移住展開した。そこは故地シベリヤが,かつてあったような草原であり,ナウマン象がいたりしたのだが,さらに寒冷化が進行し津軽海峡が凍結し歩いて渡れるようになったときはじめて本州に移動した。

 やがて日本列島に温暖化が始まると,草原だった植生が,照葉樹林の森に変化し寒冷地適応した大型の草食動物(ナウマン象,ヘラ鹿等)が絶滅してしまう。そこで人類は,豊富に有るどんぐりを食する為にシベリヤ伝来の貯蔵土器を煮沸土器に改良した。
 縄文土器の始まりであるが,温暖→寒冷→温暖の環境変化の中でシベリヤ草原の狩猟生活から日本列島の森の採取生活に適応様式を変換して初めて彼らは縄文人になったこととなる。

 なおシベリヤ発のプレ縄文人は縄文人の先祖の大きなグループではあるようだが,縄文時代を生きた人たちは,多様な出自を持つ人たちの混血であるようだ。
(番組の冒頭にも出てくるのだが,現日本人は,もっともっと多様な混血である)

 これについては番組の第2回以降に放送されるようです。

*********************************
 この掲示板に阪本剛さんが書いているように,人類の発祥の地はアフリカらしいが,草原適応した人類が,二本の足で歩いた,はるかな旅路の果てに,再び森の地で,(人類としての全く新しいやり方で)森林適応した叙事詩であるようだ。

 それにしてもモンゴロイドというのは,南アメリカの南端にまで達している。”グレートジャーニー”(橋本さんも参加した)の原動力となったのは,自然環境の変化に適応しようとする人類の活力だ。 
 

 番組について
 三ケ本さんのおっしゃるような定説の切り貼なのでしょうが,取材の綿密さ,構成,編集の上手さ,そして切り口の新鮮さは”40億年はるかな旅”でも見たようにNHKスペシャルチームの”プロ”(←このコトバは旗色が悪いですね,職人技か?)の仕事の良さが光ります。
 
  List
  この記事は 8355 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_8840
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
9448 縄文人は北からやって来た? 山田真寛 01/08/30 PM10
9409 「モンゴロイドの地球」 蘆原健吾 01/08/30 PM06
9117 NHKスペシャル『日本人 はるかな旅』 私もみました 矢野聡子 01/08/25 PM11
8932 新たな課題です 麦秋 01/08/23 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには?
トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半)
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半)
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則
学生に与う1 いま、社会の基底部で何が起きているのか
学生に与う2 私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走
学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間
学生に与う6 この行き詰った社会をどう再生するか
供給発のカギは、ゼロから新しい供給者を育成してゆく仕組み
新概念を使いこなせて、はじめて供給者になれる
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
出来ない、覚えられない
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める
対面会議の欠陥
民主主義=会議という固定観念
集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
企業革命の切り札は、社内ネット
経営者への提言:会議から社内ネットへ
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜
協同組合法:出資・経営・労働を一体化した働き方をしている人たちは10万人を越えている
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」〜今、なぜ労働法について考えるのか?〜
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp