学者とマスコミはグルで頭脳支配
87037 プロは、新しい構造認識を創り出す事ができない。
 
田村正道 ( 42 京都 建築士 ) 05/03/09 PM05 【印刷用へ
現在起きている社会の諸問題をなんとかしようと、国家を始め企業や学校や家庭など、社会の諸制度の改革が至る所で提起されている。 また、制度以前の心の問題として「気持ちの持ちよう」とか「人間関係のありかた」に関する識者の提起もたくさんある。
しかしそれらが、本当の答えになっているか?と言えばそうではない。
そうした改革の提起は、いずれも小手先であって根本的な解決にはなっていない。
時代閉塞とは、そうして、将来の展望を失い、可能性を見出せなくなったという事だと思う。
なぜ小手先なのかといえば、制度の問題でも心の問題でも、その根幹部分の枠組みに踏み込んでいないからである。 社会の問題というと漠然としており、普通、経済の問題とか、教育の問題であるという風に構造化されて「問題」として捉えられ、夫々の研究者や行政がその解決に向かうようになっているが、そういう枠組み自体温存されたままだからである。

社会の根幹部分を変える事ができず、閉塞したままなのは、
社会の諸制度を司っているのが、学者や官僚など、まさにその制度によって(存在基盤である)専門領域を保障された専門家(プロ)だからこそ変えられないのではないのか? 

当然ながら、制度は民主的な手続きによって成立しおり、そういう意味では社会的な共認によって成立していると言えなくはない。 では何が問題か?

制度を考えるその思考の枠組み(構造認識)が固定されてしまっている事だと思う。

今必要なのは、例えば
「分断されてしまった企業(=闘争の場)と家庭(=生殖の場)」86775
で提起されているような、
企業活動がうまくいかない→どうする?というフレームと、家庭がうまくいかない→どうする?というフレームを根幹部から取り払って、もっと基礎構造に踏み込んで闘争と生殖の場をどう構築するか?という位相にある事は間違いない。

ところが、なぜ会社と家庭は別なのか?というような素朴な疑問は「それが当たり前だから」という常識の中にかき消されてしまう。 これは、固定された思考の枠組みの中でどうしたらいいか?とあれこれ考える事はできても、枠組み自体は変えられないように固定されてしまっていると言う事だ。 これでは解決できない。
経済問題の専門家と家庭問題の専門家は、その専門の立場で通用するプロだから、専門領域を消滅させる方向での追求には(己の存在を揺るがす事になってしまうので)向かう事はない。

固定化された思考の枠組みが、更に制度によって固定化されている。
そして、今後、どれだけ閉塞しようとも、その制度によって身分を保障されたプロ(専門家)達はその存在を賭けて固定し続けるだろう。  更にまずい事に、社会秩序を揺るがす問題が続出すれば余計に秩序維持に向う意識の力学によって、制度はより強固なものとなっていく可能性もある。 
このままプロ達に任せたままにすれば、閉塞は進む一方である事は間違いない。

プロ達に可能性がないなら、誰でも、この状況に気づいた者から、閉塞を突破する新しい構造認識を創り出し伝播する事がまず急務であり、今何よりも必要な活動である。
 
  List
  この記事は 18718 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_87037
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
87086 > プロは、新しい構造認識を創り出す事ができない。 寺嶋眞一 05/03/10 AM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp