恋愛って、何?結婚って、何?
86699 セックスレス関連資料
 
岩井裕介 ( 33 山口 再開発プランナー ) 05/03/03 PM09 【印刷用へ
●データブック NHK日本人の性行動・性意識
NHK「日本人の性」プロジェクト編 2002年3月30日発行(調査時期は1999年末)

本調査でのセックスレスの定義
・年齢が20〜40代
・配偶者か恋人と同居
・同居している相手とのセックスの頻度が月1回未満

この定義のうち、「同居」の条件を外してみても、20〜40代で配偶者や恋人がいるもののうち、14.7%がセックスレスという結果。
年齢層別では20代:30代:40代=4.1%:19.3%:15.9%
配偶者や恋人と同居しているものに限定すると、18.7%がセックスレスという結果。


●朝日新聞社調査「夫婦の性;1,000人に聞く」
2001年7月の朝日新聞朝刊に掲載

月1回未満(「1年間なし」+「年数回」の回答合計)
・・・20代:30代:40代:50代=11%:26%:39%:46%
月1回以下(上記+「月1回」の回答合計)
・・・20代:30代:40代:50代=29%:46%:54%:69%


●阿部輝夫氏の小論文『セックスレス・カップルの病因〜大学病院の立場から』
リンク 
(メディカルトリビューン)
(「Sexual Science」92年5月号に掲載)

著者は、日本で数少ないセクシュアリティを専門の1つとする精神科医。90年代初めに「セックスレス」という言葉を初めて提唱したことで有名。

91年までの統計によるとセックスレスの主な原因は、勃起障害(32.9%),性的回避(14.3%),性嫌悪(8.6%)性欲低下(8.6%)などであり、このうち特に「回避型人格障害→性的回避」が注目された。人間関係を築くのが面倒、こんな事を言ったら変に思われるのではないか、失敗して嫌われると思うと相手に近づけない、恥をかくことを恐れるあまりセックスもできない、といったタイプ。


●阿部輝夫氏の小論文『急激に増加する、男性の性嫌悪症〜変化しつつある「セックスレス」の原因』
リンク 
(メディカルトリビューン)

セックスレスの原因を84年から91年までと92年から2000年までに二分すると、最近では、かつてはゼロに等しかった男性の性嫌悪症が急激に増加。

近年の著作(『セックスレスの精神医学』阿部輝夫著、筑摩書房)でもこの問題に触れられているが、男の性嫌悪急増の原因は分析途上(よくわからない)、とされている。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_86699
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
11/29なんでや劇場レポート「性欲が出てこないのはなんで?」(1) 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/12/04 AM00
181206 『セックス レスキュー』〜性的存在として生きていくことの難しさ 匿名希望 08/07/14 PM04
174884 結婚したらセックスレスになるのはなんで? 匿名希望 08/04/24 AM02
129157 「1年以上ノーセックス」夫婦3分の1!! サムライ\(`O´θ/ 06/08/28 AM00
126453 結婚したら・・・ にしんそば 06/07/21 PM06
いい女って何?〜時代導入編〜 「なんで屋−驀進劇−」 05/04/20 PM10
約30年間を振り返ってみましょう 「なんでや相談館。」 05/04/15 AM10
友達と性(セックス)の話をしないのが普通!? 「イマドキの男女事情!?」 05/03/17 AM04
87187 セックスレスは社会的問題 嶺山志保 05/03/11 PM08
本来のセックスってなに?〜男と女は充たしあうためにある〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 05/03/04 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp