心の本体=共認機能の形成過程
85774 感謝のトレーニング⇒皮膚感覚の快充足
 
鹿村幸代 HP ( 22 岡山 農業 ) 05/02/16 AM08 【印刷用へ
つい先日、自分の中ではとても衝撃的な体験をしました。移動中暇だったので、感謝のトレーニングを始めた時の話です。

自分の体の状況としては、生理直前で、お腹が痛くなり始めていたということ。
いつもは雑念と戯れながら“誰か”に感謝していくという感じなんですが、今回は雑念と戯れるうちに、“私のことを肯定視してくれてきた人達”がどんどん出てきて、その人達に感謝するつもりだったのが、いつもと違う回路に!
どうなったかというと、今まであんまりうまくいってなかった、自分自身の100%肯定視。あまり良い言葉が見つからなかったんですが、「皮膚感覚の快充足」って言葉を見た時に、これや!!って思いました。
まさに、自分の皮膚の上にもう一枚膜が出来ているような、包まれているような、誰か(みんな)に抱かれているような、むしょうに暖かくて、心地よくて、充たされた感覚。
今まで私を受け入れてくれた人が、私を温もりの膜になって包んでくれている=肌でみんなを“感じた”瞬間。。。
なんで屋の感謝のカード“夜眠りにつく時…”の「暖かい光に包まれて」状態☆

不思議なことに体中が暖かくなって(冷え性な私なのに足の指先まで!)、涙がぽろぽろ…。生理前痛もどこが痛いのか(その時は既に痛いという感覚ではなく、心地よい感覚になっているんですが)具体的な位置が分かる。
自分の体が受け入れらた・(変な表現ですが)自分がどこにいるのか分かった。

そして感じたのは、「私ってこんなに近くにいたんだぁ(感動涙)」
次に「今まで私を肯定視できてなかったのって実は私だけやった(謝罪涙)」
今まで受け入れてくれてたみんなと自分がありがたい(感謝涙)

そして生理というからだの現象を通して体の声が聞こえて、自分の体が愛しくてたまらなかった。

今まで何度感謝トレーニングを試みても自分に感謝って所までいきつかなった。
今回それを可能にしてくれたのは、「生理」という女なら誰もが持っている現象なのかも知れないなぁと、この体験をした今、感じる。
体が発している声がダイレクトに聞こえるチャンス=自身(=みんな)を正に肌で感じることが出来るチャンス。
そんなステキなチャンスが女には毎月用意されている!!(涙)

今回の体験、一度にすごいたくさんの人と深〜いスキンシップをした気分でした☆



 
  List
  この記事は 958 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_85774
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
90082 みんなの中に自分はいる。 西田美和 05/05/05 PM08
88082 感謝は体内浄化ですよ 後藤美奈子 05/03/29 AM10
87652 ひとつになる感じ 白子佳世 05/03/20 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp