本能⇒共認機能⇒観念機能
85357 共認適応
 
西谷文宏 ( 26 和歌山 建築設計 ) 05/02/08 PM10 【印刷用へ
直接見たわけではなく、人(るいネットに投稿されている北村さん)から教えてもらった話なので、番組の詳細はわかりませんが、NHKの人類進化を扱った番組で、「人類の”痛み”の感覚は、動物の痛みの感覚とは少しちがう、人類にとっての”痛み”は、動物として本能的に持っている痛みの感覚よりも、周囲の人の反応によって形成されていく部分の影響が大きい」と言うような内容が紹介されたそうです。

確かに歩き出して間もない子供なんかが、ドテっとこけた時、いきなり泣き出すわけではなく、周囲の心配そうな顔や慌てふためく顔を見て、(一瞬間をおいて)火がついたように泣き出します。
このことは、瞬間的な(本能的な)痛みの感覚よりも、周囲の反応によって感じる「痛み」の方が、顕在意識に与える影響が大きいことを如実にあらわしていると思います。我々が当たり前の感覚として認識している「痛み」と言う感覚さえも、実は周囲から教えてもらうことで、認識していると言うのは、非常に驚きでした。

少し話しが変わりますが、人類は他の動物に比べて、生まれてすぐに(本能的に)とれる行動が実に少ないと思います。例えば、動物の場合、生まれてすぐに立ったり、歩いたり、飛んだりすることができるのに比べ、人類はゆっくりと周囲の人々から歩くことについて学び、食べること(動物は本能的に自ら食べられる動植物を認識しているが、人類は殆ど認識できない)を学ぶ。
このような生きていくうえで重要な本能次元の機能だけでなく、喜び、悲しみといったような感情=共認次元の機能、言語など観念次元の機能も廻りのみんなから教えてもらって獲得していく。そして(先述したように)痛みさえも周囲の人々から教えてもらう。

このことは、人類が「共認動物」であり、廻りのみんなを羅針盤として発達し、生きていくことの傍証と言えますが、同時に人類が”共認内容を変化させていく”ことで環境の変化に素早く適応していけるように
進化してきたことも示していると思います。

本能機能は、ある外圧状況に対して生き残っていける=適応できるようにセットされた機能です。しかし、もともとセットされた機能である為に、環境の変化=圧力状況の変化にフレキシブルに対応することはできません。
しかし、人類の場合、共認内容を無限に組み替えることで、変化していく外圧状況にフレキシブルに適応していくことができます。
参考:実現論 前史「極限時代の観念機能」(実現論1_6_04

ここからは仮説になりますが、人類は誕生時における、本能としてセットされた機能の発現をできるだけ最小限にとどめ、その機能の発達・発育を周囲の環境=みなの共認に委ねることで、よりフレキシブルに環境の変化=圧力状況の変化に適応できるように、進化してきたのではないでしょうか。つまり、共認に委ねることで外圧に適応していく。

極めて重大な親和欠損状態に置かれた乳児は、言語能力を始め、本能・共認・観念全ての次元において発達が遅れるそうですが、それもこの人類の”共認適応”所以なのだと思います。

改めて、人類の「共認機能」の素晴らしさを感じると同時に、幼少期の「親和充足」の重要性を感じています。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_85357
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
『のうだま1』脳科学から探る…「ヤル気」を上昇させるには? 「にほん民族解放戦線^o^」 13/10/27 PM04
サル、ぉおまえもかっ!? 「ルポルタージュdeなんで屋JAPON」 08/07/20 AM11
155748 弱オス達の共認機能 静剛 07/06/30 PM09
映像授業の危険性(脳力の育成の視点から) 「Biological Journal」 07/02/27 AM02
92763 共認適応と、課題=可能性 佐藤英幸 05/06/16 AM00
一歩を踏み出す勇気。 「『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v」 05/04/26 PM01
88289 期待封鎖(→不安捨象)は記憶力も衰弱させる 橋口健一 05/04/02 PM10
86271 疑問が解けました! 匿名希望 05/02/24 PM11
86252 人類を人類たらしめているものは 匿名希望 05/02/24 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp