本能⇒共認機能⇒観念機能
85357 共認適応
 
西谷文宏 ( 26 和歌山 建築設計 ) 05/02/08 PM10 【印刷用へ
直接見たわけではなく、人(るいネットに投稿されている北村さん)から教えてもらった話なので、番組の詳細はわかりませんが、NHKの人類進化を扱った番組で、「人類の”痛み”の感覚は、動物の痛みの感覚とは少しちがう、人類にとっての”痛み”は、動物として本能的に持っている痛みの感覚よりも、周囲の人の反応によって形成されていく部分の影響が大きい」と言うような内容が紹介されたそうです。

確かに歩き出して間もない子供なんかが、ドテっとこけた時、いきなり泣き出すわけではなく、周囲の心配そうな顔や慌てふためく顔を見て、(一瞬間をおいて)火がついたように泣き出します。
このことは、瞬間的な(本能的な)痛みの感覚よりも、周囲の反応によって感じる「痛み」の方が、顕在意識に与える影響が大きいことを如実にあらわしていると思います。我々が当たり前の感覚として認識している「痛み」と言う感覚さえも、実は周囲から教えてもらうことで、認識していると言うのは、非常に驚きでした。

少し話しが変わりますが、人類は他の動物に比べて、生まれてすぐに(本能的に)とれる行動が実に少ないと思います。例えば、動物の場合、生まれてすぐに立ったり、歩いたり、飛んだりすることができるのに比べ、人類はゆっくりと周囲の人々から歩くことについて学び、食べること(動物は本能的に自ら食べられる動植物を認識しているが、人類は殆ど認識できない)を学ぶ。
このような生きていくうえで重要な本能次元の機能だけでなく、喜び、悲しみといったような感情=共認次元の機能、言語など観念次元の機能も廻りのみんなから教えてもらって獲得していく。そして(先述したように)痛みさえも周囲の人々から教えてもらう。

このことは、人類が「共認動物」であり、廻りのみんなを羅針盤として発達し、生きていくことの傍証と言えますが、同時に人類が”共認内容を変化させていく”ことで環境の変化に素早く適応していけるように
進化してきたことも示していると思います。

本能機能は、ある外圧状況に対して生き残っていける=適応できるようにセットされた機能です。しかし、もともとセットされた機能である為に、環境の変化=圧力状況の変化にフレキシブルに対応することはできません。
しかし、人類の場合、共認内容を無限に組み替えることで、変化していく外圧状況にフレキシブルに適応していくことができます。
参考:実現論 前史「極限時代の観念機能」(実現論1_6_04

ここからは仮説になりますが、人類は誕生時における、本能としてセットされた機能の発現をできるだけ最小限にとどめ、その機能の発達・発育を周囲の環境=みなの共認に委ねることで、よりフレキシブルに環境の変化=圧力状況の変化に適応できるように、進化してきたのではないでしょうか。つまり、共認に委ねることで外圧に適応していく。

極めて重大な親和欠損状態に置かれた乳児は、言語能力を始め、本能・共認・観念全ての次元において発達が遅れるそうですが、それもこの人類の”共認適応”所以なのだと思います。

改めて、人類の「共認機能」の素晴らしさを感じると同時に、幼少期の「親和充足」の重要性を感じています。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_85357
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
『のうだま1』脳科学から探る…「ヤル気」を上昇させるには? 「にほん民族解放戦線^o^」 13/10/27 PM04
サル、ぉおまえもかっ!? 「ルポルタージュdeなんで屋JAPON」 08/07/20 AM11
155748 弱オス達の共認機能 静剛 07/06/30 PM09
映像授業の危険性(脳力の育成の視点から) 「Biological Journal」 07/02/27 AM02
92763 共認適応と、課題=可能性 佐藤英幸 05/06/16 AM00
一歩を踏み出す勇気。 「『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v」 05/04/26 PM01
88289 期待封鎖(→不安捨象)は記憶力も衰弱させる 橋口健一 05/04/02 PM10
86271 疑問が解けました! 匿名希望 05/02/24 PM11
86252 人類を人類たらしめているものは 匿名希望 05/02/24 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp