心の本体=共認機能の形成過程
85021 ロール・レタリングという手法
 
匿名希望 ( 25 埼玉 会社員 ) 05/02/02 AM02 【印刷用へ
1月24日読売新聞の朝刊の、さわやか福祉財団理事長堀田力氏の記事の中で、少年院に入った子供たちを更生させる手法として「ロール・レタリング」というものを紹介していて、感謝と謝罪のトレーニング同様、共認回路を強化する手法として非常に面白いなーと思ったので、ちょっとその記事を紹介します。

>超自己中心的な少年たちをめざめさせる方法の一つにロール・レタリングがある。この方法を確立した西九州大学名誉教授春口徳雄さんの本「ロール・レタリングの理論と実際」(チーム医療)から、例を引く。

>十八歳にして二度目の少年院送りになったM少年は、すぐ怒り暴力を振るうお父さんは大嫌いだと、父当ての手紙に書く。これは実際に出す手紙ではないから、思いどおりに書ける。そして今度は、自分が父になったつもりで、その手紙に返事を書く。

>最初の頃は、「今まで育ててやったのに、ケチをつけられたら頭にきます」などと書いていたのが、やがて「普通の生活をしたいのなら、出来ない事はないと思います」と励ます父になり、何か月か経つと「お父さんも自分勝手だったが、話し合いたくてもMは逃げるので話し合えない」と、父の立場に理解を示すようになる。

>何回もの架空の手紙交換を経て、M少年は、「私は、本当に自己中心的で卑怯な人間でした。(中略)親父のあやつり人形ではないと言っておきながら、父を一人の気持ち、心を持った人間なんだと認めていませんでした」と書くに至る。

>今、ロール・レタリングはほとんどの少年院で採用され、2002年から毎年、全国ロール・レタリング学科も開催されるようになった。

>この手法を福岡県大野城市立大利中学校の教育に取り入れた岡本泰弘教諭は、実施した生徒としなかった生徒の変化を比較調査したところ、「自尊感情」「共感性」ともに、これを行った生徒たちの方が有意に向上し、逆に「ストレス反応」は減少したと述べている。

「自尊感情」「共感性」とは言い換えると「自分に対する肯定視」「周りに対する肯定視、同化」という事なのではないかと思いますが、とにかく上記の記事からはこの「ロール・レタリング」を行う事によって共認回路を強化することが可能であるということが言えそうです。

この少年Mの例では、まず父宛ての手紙には、架空であるがゆえに父に対する否定視がそれほど混じる事もなく自分の思いを素直にぶつけることができるし、父になったつもりでその手紙に返信する場合は、最初は単に自分の感覚で書いてたものが徐々に父に同化して書く事ができるようになって、結果としてそれが父に対する否定視を肯定視に変え、それに伴って自分に対する否定視も薄れていったのではないかと思います。

共認回路を妨げるのは自我回路(自己否定、他者否定)であって、この自我回路は、「どうせ自分は○○なんだ」とか「どうせあの人は○○に違いない」というような自分だけの思い込み、自分発の思考。それをうまく共認回路にシフトさせる手法としてこのロール・レタリングはとても面白いと思いました。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_85021
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
256700 相手の気持ちを受け止められない時にオススメ! ”相手の気持ち作文” 嶺山志保 11/09/12 AM08
何かに気づけるかも 変わるかも!?ロール・レタリング☆ 「女の職場話」 08/03/26 PM00
154966 子供の好奇心 匿名希望 07/06/22 AM08
120927 しがらみの少ない関係から同化の訓練が出来る 戌年 06/06/14 PM10
120373 ロールレタリングを必要とする社会 熊谷順治 06/06/12 PM11
RE:自分観念からの脱却 3 「開放空間「THE ROTEN」」 05/12/20 AM07
94615 ロールレタリングやってみました 佐々木美穂 05/07/16 PM05
94526 てがみ 河野梨恵 05/07/14 PM11
お手紙の効用 「☆Orange Station☆」 05/07/11 PM11
おてがみ 「☆たからばこ☆」 05/07/11 PM10
91769 手紙の効用・・・「思い」が「想い」に転換する 越見源 05/05/30 PM11
91592 「感トレ」が苦手な人に マー 05/05/28 PM00
「みんなに感謝=自分に感謝」に目覚める 「開放空間「THE ROTEN」」 05/05/16 PM09
「ロール・レタリング」をブログに応用しよう 「開放空間「THE ROTEN」」 05/05/15 PM10
90170 ドッグ・シェルター 笠原光 05/05/07 AM03
86690 イイ関係は想うことから 北村純子 05/03/03 PM03
85144 ロール・レタリング 東努 05/02/04 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp