私権社会の婚姻制
84746 夜這いを懐かしむ民宿の主人からみた現代の性
 
本田真吾 HP ( 48 香川 建築家 ) 05/01/28 AM11 【印刷用へ
数年前、仲間とツーリングの途中で飛騨高山の民宿にと泊まった。民宿は飛騨の伝統民家を民宿に改装して使っている。食事後に、雑魚寝しか出来ないような大部屋に案内された。そこで、民宿のご主人と話す機会があった。見た目60歳前後の若々しい感じである(本当の年齢はわからない)。

職業柄、旧い建物を珍しそうに見ていると、『これが夜這いの時に使う出入り口だったんだよ。』と話してくれた。縁側の引き戸に組み込まれた、小さな出入り口である。その縁側には、屋根裏部屋につながる傾斜はしごが降りてくるようになっている。また、縁側は障子で大部屋と仕切られていて、家人の目に触れることなく屋根裏部屋に入れるようになっている。

これは、社会規範が建築様式を決めている好例である。夜這い行為自体が村社会に共認されていたからである。現代であれば他人が勝手に進入できかつ、家人の目に付かないという構造は物騒でしょうがない。それくらい、村の成員各々が、共同体を基盤として信任関係にあったということであり、私権の対象物である家でさえも、村社会に開かれていたということだ。

そして、ご主人の若い頃はまだ存在した夜這いについての話になった。夜這いがあったころの若者は生き生きしていたこと。新しい社会規範の浸透によって夜這いがなくなってからは、街に女を買いに行くしかなく、不自由な思いをしたことなどを話してくれた。

そのとき、『今の若いもんにとっては、窮屈な世の中のなったなぁ』と実感のこもったひとこと!

この『窮屈』という言葉が印象的だった。というよりも、今まで自分たちは、過去の規範の重苦しさから解放された現代を生きていて、過去よりも自由を謳歌している、という染脳からリアルに解き放された感じだった。よく考えてみると、性自体が親も含めた村社会の中で開放されており、肯定されているということは、現代の個人課題でしかないそれに比べれば、はるかに活力源足りえただろうと思った。

これも支配観念に絡めとられていた証し。なんと、窮屈な思考をしていたことか。しかし今は、支配観念が共認される前提の貧困の圧力もなくなった。だから、事実を鮮明に浮かび上がらせる新理論さえあれば、このような事実をすんなりと捉えられる時代に入った。

性の再生のためには、今こそ歴史的に性と社会の関係を捉え、窮屈な支配共認から脱却すること。その上で、もっと充足できる性関係の共認を広めていける時代になったのだと思う。そこにでは、個人や家族を超えた社会規範の再生と、共同体の再生が不可欠であることは言うまでもない。

 
  List
  この記事は 1167 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_84746
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
婚姻形態と生産形態(白川村等) 「共同体社会と人類婚姻史」 07/12/25 PM10
107817 「婚姻」とは「集団」に存在するもの。 西田美和 06/03/22 PM08
85883 夜這いと現在の共通項 田村飛鳥 05/02/18 AM00
85858 一対婚と夜這いの併存形態(白川郷) 松尾茂実 05/02/17 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動11 マスコミの共認支配
三文脚本家としてのマスコミ
小泉の支持率と目先の秩序収束
マスコミの煽動報道と、その最後
マスコミのからくり:::露出≒人気
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
ネット工作員の正体。
特権階級の自家中毒
なぜ学問は退廃するか
あれは、そうだったのか! 学者と報道の謎が解ける
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
それがどうした、いんちき教授!
潮流7:暴走する社会(特権階級の暴走と下層階級の暴走)
原発:近代科学原理主義者たちの産物
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
朝日の捏造・・・1 何らの被害の声も出ていない類塾に、突然襲い掛かった朝日・・・
「報道の自由」を盾に、社会秩序を根底から破壊してゆく者たち。 
国民の「知る権利」を踏みにじる捏造報道
テレビが考える時間を奪う(清水幾多郎)
テレビが人間を愚鈍にさせるというのが科学的に証明された
「小沢を切れ」と合唱する大新聞この国の大新聞は常にデタラメだった
新聞社による偽装の実態〜「押し紙」による販売収入と広告収入の不正取得
NHK解説委員・長谷川浩氏の変死事件
恐るべき全人類監視ツール『Facebook』の危険性
LINEはなぜ無料なの?完全無料の通話アプリが儲けを出す「危険なカラクリ」が分かった。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp