密室家庭は人間をダメにする
84723 観念でする「子育て」
 
 ( 23 神戸 OL ) 05/01/27 PM11 【印刷用へ
私には子どもがいないので、母親の気持ちは分からないが、赤ちゃん・子どもを見ていると、無条件に可愛いと感じる。ましてや、自分のお腹を痛めて生んだ子どもならば、可愛いに違いない!と思っている。恐らく、多くの女性がそう思っていることであろう。
しかし、世の中の全ての母親がそう思っているのであれば、乳幼児期の親和欠損は起こり得ない筈である。しかし、事実として親子間の虐待・親和欠損は頻発している。

>生命体が複雑化≒高度化してゆくにつれて、保育の必要が高まってゆき、親に保育本能がセットされてゆきます。この保育本能が親子をつなぎ留める訳ですが、この本能は保育必要期のみ作動する時限本能であり、保育本能が作動しなくなれば、新個体がさっさと新世界へ出てゆくという基本形は変わりません。(中略)
その後哺乳類は胎内保育機能を源流とする親和本能を発達させてゆきます。そうなると、親和本能によって子がそのまま居残ることになり、それでは多様化という適応原理が損われるので、巣離れor親離れ本能がセットされたと考えられます。(2194)

母親が子どもに対して感じる「愛しさ」というものには、保育本能と親和本能が関わっていると思われる。とすると、子どもに十分なスキンシップを与えない母親は、これらの本能が正常に作動していないのだろうか?

>個性や自立が何よりも重要だと教えられた世代の母親にとって、多くはわが子もそのように育てることが必要だと信じて疑いませんでした。そのために、「一人で寝かす、添い寝はしない」「泣いてもすぐに抱いてはいけない」など、乳幼児期にこそ必要なスキンシップが欠落し、親和欠損・親和不足をもたらしてしまったのだと思います。(70279)

恐らく、個人主義を初めとする誤った観念を刷り込まれ、それらを羅針盤にして子育てをしているのではないだろうか。そう考えると、本能が正常に作動しないのも納得できる。本能ではなく、観念でする子育て。そこでは個人主義に基づく「自分の子ども」などといった子どもに対する執着心も湧いてくるし、本当に保育が必要な時期をすぎても、子どもから離れられない母親も出てくるのではないだろうか。
また、今の親和欠損の若者の母親たちは、私権時代を生きてきた世代。そこでは、子どもさえも自らの私権獲得のための道具となる。表向きは「子ども第一」だが、その深層にあるのは「自分第一」。だからこそ、親和欠損も起こるのではないだろうか。
 
>観念を巧みに操りながら、十分な親和充足を与えられない自分を知らず知らずのうちに正当化して、子供を染脳していくことになります。(69447)

『「子供」という旧観念』(84017)で阪本さんが述べられているように、「小さな大人」でしかなかった「子ども」を、個人主義を初めとする観念によって「自分の子ども」などといって囲いこみ、甘やかし、放ったらかし、虐待し、自我教育によって染脳していっている…。

>生物にはもともと親子関係など存在しなかったのです。(2194)
子育てにおいても「旧観念無用!」であり、新認識が必要なのだ。
 
  List
  この記事は 2194 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_84723
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
174800 親離れ(子離れ)は生物なら当たり前! 土屋範明 08/04/23 AM11
114510 保育本能って 長谷暢二 06/05/18 PM10
85015 本能は劣等? 谷光美紀 05/02/02 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp