’70年貧困の消滅と私権の衰弱
84507 イイ子・ワルイ子
 
笠原光 ( 30代 岩手 デザイナー ) 05/01/23 PM11 【印刷用へ
●評価軸の共認があってこその集団性であり社会性

いい子の非行が増えている。とは一見矛盾した現象に見えますが、これはわたしたちの住む社会が、現在、評価軸(規範)を統合し得ていない事の顕著な証ですね。たしかに、昔はイイ子は家庭内でも社会的にもイイ子で、ワルイ事をする子は家庭内でも社会的にもワルイ子でした。それは日常的に至極当たり前の事で、更に言えばイイ子はイイ子の自覚があり、ワルイ子も、ワルイという自覚をもってワルイ事をしていました。そういう意味では例え行為の良し悪しはあったとしても、評価軸は共有されおり、どの断面で切っても統合されていたと言えます。

ところが、現在の評価軸はどうでしょう?最近の少年犯罪の事例が示しているのは親子関係や学校での関係ではイイ子で、社会的にはワルイ子が増えており、また共通して当人にその自覚がない。と言うものです。大人や社会は、その当人達の悪気のなさ、責任感のなさ、反省色のなさ、犯罪性の大きさに驚きと怒り、そして衝撃とともにその異常性を感じます。けれども、彼らの言っている事はそれほどまでに異常で、非常識な見当はずれな言い訳にすぎないのでしょうか?

「皆でワイワイガヤガヤしながら何かをするのが楽しいかった」

この事自体は否定するものではありませんし、ましてや肯定すべきものです。課題を共認し役割を決め、みんなで評価し合いながら行動する。共認動物としてのあるべき姿と言えます。

「成績が良ければ何をしても許される。」

成績の良いことが第一価値である親子関係、学校関係の中では、現実そうでしょう。武力時代には力、私権時代には身分や金さえあれば何をしても許され、現在の大人社会であっても法律を守れば何をしても許されるわけですから。

「反省したから(犯罪の)責任は消えた。」

親子関係や友達関係、学校関係の中では、反省して謝ったら許してもらえるというのは至極当たり前のことです。特に親子関係やなかま関係とはそういうものです。

「別の自分が悪いことをした。本当の自分はまじめである。」

周りの評価=自分ですが、評価軸が変れば当然行った行為に対しても与えられる評価が変ります。(極論ですが、戦争ではたくさん人を殺せば英雄で、平時には一人殺しても犯罪者です。)これまでどおりの価値軸で行動し、突如マイナスの評価を与えられる。その評価は自分の事として一旦受け止めざるを得ないものの、当人にとっては訳がわからない。いままで真面目なイイ子という評価しか与えられてこなかったのであれば尚更で、「もし自分が悪い事したのであれば、それは本当の自分ではない」この理由付けは良くわかります。

彼の言う「別の自分」とは「別の評価軸軸」の中にいる自分であり、「本当の自分」とは、人生の99%を過ごした「今までの評価軸」の中にいる自分なのでしょう。


結局のところ無自覚に行われた彼らの行為、これらは全て社会的に評価軸が共認され統合されていれば、本来全く問題のないものばかりです。つまり評価軸が混在し社会的に統合されていない事がやはり問題なのです。また、イイ子が犯罪を起こすという極端な事例でなくとも、よく目を凝らしてみれば、わたしたちの社会のいたるところで同様の現象が見られていることに気付きます。

それは親子関係と仲間関係では評価軸が異っていたり、仲間集団ごと、男女間の違い、小学校、中学校と教育過程を進む中でも評価軸の断層があり、その転換期ごとに断層を孕みます。中でも学生から社会人になってからの評価軸の変化は誰しもが体験している事でしょう、社会に出てすらも、企業ごとに、客先ごとに評価軸が異なっています。ましてや個人における評価軸はについては「人それぞれ」が実態なのです。

つまりこのように、多かれ少なかれ今の社会は法律という唯一の社会的評価軸に抵触する行為の発覚に至らないまでも、同一存在でありながら実態は関係や存在している場が変るごとに、その統合している評価軸が分断され、行動指標が変っているのです。これはイイ・ワルイがその時々で入れ替わるという、社会的にも主体的にも分裂症状態にあるということなのです。

少年犯罪に如実に現れるこれらの現象とは、決して個人的な価値観や価値判断の領域の問題ではなく、誰しもが抱えている社会的評価軸の不在の問題であり、社会的評価軸の統合課題そのものを示しています。これはイイ・ワルイの指摘・教育云々以前に、やはりみんなにとってのイイ・ワルイの評価軸の中身=答えの必要が問題の核心であり、その提示と、その共認による統合こそが今の社会に求められているということです。

わたしたちに今必要なのは、結果だけをとりあげて安易にイイ・ワルイという価値判断を下す事ではなく、みんなにとって共有できるイイ・ワルイという評価軸を事実を基に認め合うプロセスなのです。

リンク
 
  List
  この記事は 18261 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_84507
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
181571 良い子と悪い子とのさかいめが見えない時代 和田哲郎 08/07/19 AM02
129663 自己中規範を叩き潰し、共同性規範の形成を! 小松由布樹 06/09/01 AM03
129654 「成績が良ければ何をしても許される。」って思うのなんで? 小山瑠里 06/09/01 AM01
129405 みんな期待を顕在化させた”規範”の再生が必要。 丸一浩 06/08/29 PM03
129393 「評価軸なし」という恐ろしい社会不全 正国稔 06/08/29 AM11
115613 分断された密室空間では ハイネケン 06/05/23 PM10
100701 社会統合の実現基盤は整った 新川啓一 05/11/11 PM10
94765 テレビから学ぶ 匿名希望 05/07/18 PM11
93763 事件に対する評価 北村純子 05/07/02 PM02
(小中の時の)友達と『二度と会いたくない』と思ってしまうのは、何で? 「なんで屋<男塾>梅田」 05/04/04 PM11
(小中の時の)友達と『二度と会いたくない』と思ってしまうのは、何で? 「なんで屋<男塾>梅田」 05/04/04 PM11
87593 キャラ変換 匿名希望 05/03/19 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp