私権社会の婚姻制
84505 「処女性」は女性発の価値観念?
 
平川要 HP ( 26 佐賀 経理 ) 05/01/23 PM11 【印刷用へ
>ユダヤ教、キリスト教、イスラム教には共通して、「性嫌悪」(セックスは本質的には罪、いやらしいこと、災いのもとであるという観念)と、「処女」「純潔」に対する異常な執着の観念がセットされている。(14112 岩井さん)

岩井さんが仰るように日本では明治に至るまで「処女性」という観念はほとんど無かったようだ。岩井さんが上げられた宗教という観点で言えば、日本においては精霊信仰(→八百万の神→神道)が上げられると思う。
そうは言っても、仏教が伝来してはいたがこんなサイトがあった。
>とにかく、そうして仏教は人々の生活の中に、神道という考え方と共存する形で入り込んでいった。その際に女性の存在そのものが仏教という宗教の中から「穢れ」として捉えられるようになり、異性との交わりを持たない……仏教的には俗世との関係を持たない「処女」というものだけが、特殊な穢れなき存在になっていった、とは考えられまいか。
リンク
仏教でも「女は不浄」という価値観があるのだが日本ではそれらを柔軟に融合させてきたところがすごい。西洋で例えばキリスト教が絶対化されたのと違う。

(岩井さんがあげられた「生娘」という言葉が当時あったかどうかは定かでは無いですが、江戸時代の庶民は「年増」のほうを好んだようです。というのは性を知っている女のほうが相手としては充足が深いという評価があったのではないかと推測します。また、一握りの武士階級は御家の政略である婚姻でしかなく「処女」であるかどうかは眼中にない。であるからして当時の女性は処女であるよりはむしろ積極的に経験を積んでいたのではないかと感じます。)


では日本に「処女性」観念が広まったのはなんで?
大きくは明治憲法であることは間違いない。近代思想が入ってきて近代家族制度がここで形成された。
僕はもう一つ平塚雷鳥などの女性解放運動がそれを助長したのではないかと考えています。
彼女らは女性の開放を叫んだ。当然彼女らなりのあるべき女性観念を土台としている。
それに反する女性は例えば遊女であったり、夜這いされる女であったのではないかと。
また、女性の権利を主張するのであるから当然性的商品価値をあげようとするので閂を〆始める。
近代になって「処女性」が尊重されて特をするのは他ならぬ女性と一部の私権強者の格差の旨みだけ。(上記の「巫女の処女性」イメージも明治以降の価値観なのでは?)
「処女性」を尊重してるのは男だと思い勝ちだが、実はこれも女性発だったのではないだろうか。
 
  List
  この記事は 14112 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_84505
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
85089 処女性は男の自我が無ければ無意味 匿名希望 05/02/03 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp