私権社会の婚姻制
84505 「処女性」は女性発の価値観念?
 
平川要 HP ( 26 佐賀 経理 ) 05/01/23 PM11 【印刷用へ
>ユダヤ教、キリスト教、イスラム教には共通して、「性嫌悪」(セックスは本質的には罪、いやらしいこと、災いのもとであるという観念)と、「処女」「純潔」に対する異常な執着の観念がセットされている。(14112 岩井さん)

岩井さんが仰るように日本では明治に至るまで「処女性」という観念はほとんど無かったようだ。岩井さんが上げられた宗教という観点で言えば、日本においては精霊信仰(→八百万の神→神道)が上げられると思う。
そうは言っても、仏教が伝来してはいたがこんなサイトがあった。
>とにかく、そうして仏教は人々の生活の中に、神道という考え方と共存する形で入り込んでいった。その際に女性の存在そのものが仏教という宗教の中から「穢れ」として捉えられるようになり、異性との交わりを持たない……仏教的には俗世との関係を持たない「処女」というものだけが、特殊な穢れなき存在になっていった、とは考えられまいか。
リンク
仏教でも「女は不浄」という価値観があるのだが日本ではそれらを柔軟に融合させてきたところがすごい。西洋で例えばキリスト教が絶対化されたのと違う。

(岩井さんがあげられた「生娘」という言葉が当時あったかどうかは定かでは無いですが、江戸時代の庶民は「年増」のほうを好んだようです。というのは性を知っている女のほうが相手としては充足が深いという評価があったのではないかと推測します。また、一握りの武士階級は御家の政略である婚姻でしかなく「処女」であるかどうかは眼中にない。であるからして当時の女性は処女であるよりはむしろ積極的に経験を積んでいたのではないかと感じます。)


では日本に「処女性」観念が広まったのはなんで?
大きくは明治憲法であることは間違いない。近代思想が入ってきて近代家族制度がここで形成された。
僕はもう一つ平塚雷鳥などの女性解放運動がそれを助長したのではないかと考えています。
彼女らは女性の開放を叫んだ。当然彼女らなりのあるべき女性観念を土台としている。
それに反する女性は例えば遊女であったり、夜這いされる女であったのではないかと。
また、女性の権利を主張するのであるから当然性的商品価値をあげようとするので閂を〆始める。
近代になって「処女性」が尊重されて特をするのは他ならぬ女性と一部の私権強者の格差の旨みだけ。(上記の「巫女の処女性」イメージも明治以降の価値観なのでは?)
「処女性」を尊重してるのは男だと思い勝ちだが、実はこれも女性発だったのではないだろうか。
 
  List
  この記事は 14112 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_84505
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
85089 処女性は男の自我が無ければ無意味 匿名希望 05/02/03 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp