学者とマスコミはグルで頭脳支配
84206 「野放し」になっている統合階級たちの「要求需要」
 
阪本剛 HP ( 31 千葉 SE ) 05/01/19 AM00 【印刷用へ
> 日本では、60年代に高度経済成長を遂げ、70年代には貧困の消滅といわれるまでに物的豊かさを実現しましたが、財政赤字はこれ以降に急激に増えていきますよね。(3035 「国債残高」岩井さん)
> ´70年、貧困が消滅した途端に、思想は輝きを失い、無思想・無関心が蔓延していった。思想の終焉である。そして、思想の終焉と共に、運動は閉塞していった(ex.´70年以降の社・共の凋落は、誰の目にも明らか)。(9050 「 共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)」岡田さん)

 「誰の目にも明らか」な要求運動は衰弱する一方で、隠れた要求運動が公然と国家を蝕みつつある。
 それは、官僚による国家予算の分捕り合戦(概算要求)である。

■国家予算はこうして決まる
 各省庁は、なんと予算実施したばかりの4月ごろから、翌年の予算編成に入る。
 予算は各省庁の各局の各課から欲しい予算を出させ、それを各局がまとめ、それを各省庁がまとめ、8月末ごろ財務省に要求する。これが「概算要求」である。(8月に、政府・財務省側から「概算要求基準」という要求の限度額が出され、各省庁はこの限度額の2割増まで要求できる)
 これを、財務省が査定して、12月ごろ「財務原案」が発表され、これが来年の予算として新聞で報道される。その後、各省、各大臣、与党幹部らによる「復活折衝」を経て予算案が決定される。この間、国会はタッチしていない。
リンク

 つまり、原資を基準に決定されるのではなく、要求の積み上げとして予算が決定されるのだ。
 しかも、この決定過程は予算を使う側の官僚が主導権を握り、密室化している。
 これでは、財政赤字が消えるはずがない。

 当然、公務員への風当たりは強かった。まず槍玉にあがったのが、官僚の「天下り」である。
 1979年に、初めて、有力な「天下り」先である特殊法人の見直しが行われた。が、特殊法人がダメと言われれば、民営法人や独立行政法人化することで、見た目の数合わせに終わり、むしろポストは増えてしまった。実態は悪くなる一方なのだ。
 リンク
 リンク

■ロボットが会津磐梯山踊りに成功
 独立行政法人の一つ、産業技術総合研究所の場合、理事長の月給は165万円を越える。東大学長の俸給よりも高額である。
 さらに、賞与が別に600万円強、1期(2年)勤めて辞めれば、1000万円を越える退職金が懐に入る。研究所の役員14人の年間報酬総額は2億円を越え、退職金だけで別に1億円強を、国民が払っている。官僚OBの中にはこうした天下り先を、複数渡り歩いている者もいる。

 この研究所は700億円以上の補助金を一般会計から得ているが(これも血税である)、どんな研究をしているのだろうか?
 例えば、2005年1月に、ロボットに会津磐梯山踊りをさせることに成功している。伝統芸能をロボットに継承させるのが目的らしい。当然、これは血税で行われた「研究成果」である。
 リンク
  
■BSEで得をした農水省
 日本中を混乱させたBSE(牛海綿状脳症)問題。国民は4000億円の対策費を支払ったが、問題の責任官庁である農水省の官僚たちは、どうなったか?
 結果的に辞任したのは事務次官と畜産局長だけ。事務次官は、9000万円弱の退職金を満額支給され、畜産局長も天下り先で、引き続き給料をもらっている。

 事件を契機に、内閣府に「食品安全委員会」なる組織ができたが、この事務局員の半数は、農水省から出向されている。4000億円の対策費を使った農畜産業振興事業団も、農水省OBの天下り先。問題を起こしたことで農水省は、得をしたのである。
 リンク

 秩序収束の現在、人々は国家への信認を強め、極めて使い道の怪しい予算を賄うために、国家は過去最高の借金を積み上げた。
(2005年度末で、国と地方の長期債務残高は774兆円。国民一人当たり606万円の借金。)
 そんな状況の中、人々の信認を「錦の御旗」にして、統合階級たちの私腹だけが肥え太りつづけている。
 リンク
 統合階級の要求こそ、70年代以降、最大の「要求需要」だったのかもしれない。

参考リンク
・年金保険料の天下り先でのムダ使い
リンク
・中央省庁の天下り状況
リンク
・警視庁天下り会社がボロ儲け
リンク
 
  List
  この記事は 3035 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_84206
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
106508 対立するはずの「市場」と「福祉」が‘グル’になって国家を食いつぶす? 平野令 06/02/28 PM10
93985 アメリカは日本最大の「要求需要」 佐藤英幸 05/07/05 PM11
86041 要求需要はどのようにして出現したのか? 大森義也 05/02/20 PM10
84220 > 「野放し」になっている統合階級たちの「要求需要」 寺嶋眞一 05/01/19 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp