未知なる回路:気・霊感・予知
84008 気功:同化のトレーニングとして 
 
井上宏 ( 39 新潟 建築コンサル ) 05/01/14 PM10 【印刷用へ
僕は気功というか、気功の単純な反復運動をやっていると気持ちがよくなってくるので、寝る前とか朝に自己流にやっている。
気功をしていると、自分の体と頭が一体になってくる感じがするし、公園や自然の中でやっていると大地や、天空と一体になってくる感じがして気持ちがいい。
中国の人が公園なんかで、朝でやっているのも同じ感覚なのかなと思いますし、中国の人みたいに大勢でやったら、見ず知らずの人とも一体感がでてくるのではと思う。

それは、最近の投稿から自然や自分の体との「同化」ってことかなと思いました。

気功とは、持っていた本をひもといてみると。(以下「気功への道」津村 喬より)

>気とは「潜在力」だと定義されることがあります。現象の背後にあって現象を成り立たせているもの、現象を不断に変化させている潜在する力、ということです。・・・・

>気という言葉は、だから、「見えない、もうひとつの世界がこの世界の背後にある」という考えかたを前提にするものです。日本語だとそれを心理の世界として考えることが多いけれど、もともと中国で使われた「気」は「物質の背後にあるエネルギー」というのに近いニュアンスを持っています。

>功は成功の功です。成功とは、積み上げていってなることですから、功は積み上げていくプロセスのことになります。
・・・・だから気功を学び始めた人にいつもいつも言うのですが、顔を洗うように歯を磨くように気功をしなさい。・・・そうやって、「教養」や「知識」でなく「習慣」のレベルになってこそ、気功によって自己認識が変わっていくプロセスが始まるのです。

>気功を広い意味でとらえれば、それは自分と環境の潜在エネルギーをうまくとらえ、それに深く共感することを通じてそこから力を引き出してくるということです。


気功は、大地の気と自分が一体化したり、猿や獣の動作をまねる動作があったり、亀の呼吸をしてみたり、自然と同化しようとする動作に満ちあふれている。それは、自然との期待・応望=共認を試みた名残りであり、精霊との交感の方法だったのではないかと思う。

そして私権時代を経て様式化されて、現代では健康法みたいになっているが、自分観念に蝕まれ、同化能力を失っている現代人とって、同化能力=共認機能回復のためのよいトレーニング方法ではないかと思う。
感謝・謝罪のトレーニングと組み合わせながら行う方法もあるだろう。

(また気功のような方法が、太古から連綿と受け継がれているのも東洋の本源性の残存の強さ故かと思う。西洋ではキリスト教や近代医学の排他性の強さ故か断絶している。)


 
  List
  この記事は 13951 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_84008
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
289298 「気」の通り道は「生体マトリックス」である 303 14/04/15 AM00
122697 病は気から ウシュアイア 06/06/20 AM02
97823 気功は誰でも出来るわけがない、でも共認機能は誰でも持っている。 呉珍之 05/09/24 PM10
84277 自然との同化=感謝 猪原裕子 05/01/20 PM01
84239 みんなの期待が身に染みる 斎藤幸雄 05/01/19 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp