共認運動をどう実現してゆくか?
8357 共認革命3 個的生活からネット生活へ
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 01/08/20 PM06 【印刷用へ
☆しかし、変革課題に強く収束し切れずに、私権課題・個的生活という日常パラダイムに引き戻される。
私権圧力は衰弱し、私権課題は今やマイナス課題(強制or義務。忌避可能な課題)となった。
●個的生活=好きなことと云っても、その中身は空疎化するばかりで、今やバーチャル生活に取って代わられつつある。個的生活=好きなこととは、不全からの逃避(解脱)に過ぎず、逃げれば逃げるほど中身がなくなってゆく。

☆それは、単なる私権(の不全感)からの逃走だからである。衰弱する一方の私権の不全感から逃げて解脱しても、その中身が空疎化してゆく一方になるのは、当然である。かくて、解脱箱(テレビ)への収束とそこでの中身の空疎化が、同時進行してゆく。
☆不全の元は、(私権圧力そのものではなく)私権制度と支配観念にある。相手が、絶対的な私権の強制圧力なら、その不全から逃げて解脱するしかない。しかし、相手が力を失った制度と観念なら、変えれば終いである。
☆そして、制度と観念の変革=社会変革の期待が顕現した以上、時代遅れの逃走(=個的生活)から変革の行動へと日常パラダイムが転換するのは、もはや時間の問題である。

●時代遅れの逃走の象徴が、原猿初期を思わせるコンビニ前の若者の群れではあるまいか?課題がない以上、群れていい人収束までは出来ても、その統合力は低下する一方であり、そんな群れがいきなり変革課題を共認するとは思えない。(彼らは遅れている=私権から逃げて群れているだけだから中身がないのであり、現在のところ変革とは逆ベクトル上にいる。)

☆それに対して、ネットは社会的な(超猿的な)集合の場である。しかも、かなりの時間を使うし、頭も使う。現在は、それが疲労の元でもあるが、数年後には、無内容な個的生活より、中身を伴っているネット生活の方が価値が高い事に気が付くのではあるまいか。こうして、無内容な個的生活の引力を、中身のあるネット生活の引力が超えてゆく。
☆ただの解脱なら、体感共認の方がいい。ネットで時間と頭を使う以上は、中身=課題がある方がいい。その中身=課題こそ、変革課題に他ならない。
☆つまり、ネットこそ、人々を社会的に集合させ、課題を生み出し、課題共認・評価共認を形成してゆく課題箱(同類圧力⇒社会共認の生成器)である。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_8357
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
239334 活力の源は、中身のある課題共認。 麻丘東出 10/10/13 PM10
239162 ネットの役割 中原雅人 10/10/09 PM11
235740 “社会をもっとよくしたい!”は、何よりの充足課題☆+゜ ぴのこ 10/08/06 PM04
230360 ツイッターなどの世論形成の場を統合する「認識形成サイト」が必要となる 浅野雅義 10/04/19 PM06
227469 【図解】共認革命3 個的生活からネット生活へ スズムシ 10/03/02 PM03
226829 『場』があれば、不全逃避から変革課題収束に転換できる☆ マナティー 10/02/20 AM03
226499 人々の課題欠乏はピークに達してきている 山上勝義 10/02/15 PM00
226496 課題充足からネット社会へ ryujin亭 10/02/15 AM10
226483 【図解】 個的生活からネット生活へ 斎藤一浩 10/02/14 PM11
226398 バーチャルが現実化する? ざしきわらし 10/02/13 PM10
224126 【図解】共認革命3 個的生活からネット生活へ 藤澤仁 10/01/13 AM01
223810 若者の群れの進化 本田友人 10/01/09 PM00
215107 感想 岡喜一 09/09/16 AM00
211320 日本でネットの普及が遅れているのは、日本人の気質か? 匿名希望 09/07/23 AM00
210942 ネット生活への萌芽 鈴木龍也 09/07/17 AM07
208823 日本はテレビ視聴が長くソーシャルネット利用率は最低 山田徹 09/06/14 PM08
208692 ネットの現状 三上恭平 09/06/13 AM01
206227 「勉強」収束ではなく「勉強法」収束って? こうた 09/05/10 PM05
206125 テレビへの収束とそこでの中身の空疎化が同時進行するのはなんで? 越見源 09/05/09 PM03
206104 闘争あっての解脱。逃走(=闘争忌避)すれば解脱は無内容になる。 近藤文人 09/05/09 AM00
206067 テレビからネットへ 中村英起 09/05/08 PM05
204101 変革課題+ネット+評価という認識形成サイトがネットの可能性 彗星 09/04/11 AM09
204038 日常パラダイムの転換 志水満 09/04/10 PM03
203923 ネット生活に必要なこと K.G 09/04/09 AM07
193299 ネットの可能性☆+゜ ぴのこ 08/11/26 PM11
192044 ネット生活の引力は、現実を把握できる事で生まれる。 野田雄二 08/11/12 PM09
185530 日常のパラダイム転換 彗星 08/09/12 PM08
185529 【図解】共認革命3 個的生活からネット生活へ 浅見昌良 08/09/12 PM07
185526 人々の意識を変えてゆくことに関わること全てが、社会変革そのものである。 志水満 08/09/12 PM07
185519 闘争と逃走の分かれ目 匿名希望 08/09/12 PM06
185517 ネットは全てを収束させる。 近藤文人 08/09/12 PM05
185510 現実変革の可能性が既に開かれている、この認識の広がりが実現基盤 新川啓一 08/09/12 PM03
185502 不全の元は、(私権圧力そのものではなく)私権制度と支配観念 長谷川文 08/09/12 PM01
183798 企業内の若手社員に対する意識変化 (お金がほしい→課題がほしい⇒活力⇒追求⇒評価⇒充足⇒次の課題へ) 金木洋平 08/08/22 PM07
183710 説明思考から探求思考へのパラダイム転換、その実現基盤は整った 川井孝浩 08/08/21 PM10
182653 ネットへの期待(個的生活の解脱は末期症状へ) 田村正道 08/08/03 PM02
182645 中身のあるネット生活へ 山本豊 08/08/03 AM10
182638 ネット生活拡大中、一方で・・・ 星埜洋 08/08/03 AM03
182576 【図解】共認革命3 個的生活からネット生活へ 岸良造 08/08/02 PM03
182575 ネットを課題箱として広めよう 匿名希望 08/08/02 PM03
182563 逃避から変革の行動へ 佐藤晴彦 08/08/02 AM09
179233 ブログの可能性について 八代至誠 08/06/15 PM06
179218 すでに「ネット生活」時代。この先は・・・ コスモス 08/06/15 AM10
177553 ネットが逃避者の逃げ場 magarimame 08/05/27 AM01
177400 課題のないところに統合軸はなし 渡邊真也 08/05/25 AM03
174211 答えを求めてネット収束 COLA 08/04/16 AM00
174195 何をしていても物足りないのはなんで? ミルクマン 08/04/15 PM07
174192 闘争忌避と解脱の空疎化 永峰正規 08/04/15 PM05
174185 【図解】 共認革命3 個的生活からネット生活へ 飯野由香 08/04/15 PM02
174038 衰弱する一方の私権の不全感から逃げて解脱しても、その中身が空疎化していくのはなんで? 萱間直 08/04/12 PM10
173493 気付いたら個的生活へ・・・ 匿名希望 08/04/04 PM01
173145 【幹図解】個的生活からネット生活へ 中瀬由貴 08/03/28 PM08
167057 ネット上の共認形成の可能性が見えてきた 07/12/14 AM11
167043 解脱の衰退からネット利用による外向収束へ 匿名希望 07/12/14 AM01
164922 気づけばネットに可能性を感じていた! スガイク 07/11/09 PM06
164920 充足は、社会の中、みんなの中にある!! 山田純子 07/11/09 PM05
161252 今年の猛暑でのクーラー生活は、市場拡大の限界を実感させた。 文無し 07/09/14 PM01
160140 社会共認の生成器 匿名希望 07/08/31 PM07
159961 【図解】個的生活からネット生活への転換図解 佐藤晴彦 07/08/29 AM08
158660 「課題箱」に可能性あり! 匿名希望 07/08/11 AM05
155000 敢えて携帯電話を使ってネットしているの? 金木犀 07/06/22 PM08
145708 【図解】共認革命3 個的生活からネット生活へ 八代至誠 07/02/24 PM00
145705 「変えれば終いである!」という認識は活力源 浅見昌良 07/02/24 PM00
145696 ブログランキングに見られる社会改革の芽生え 井上光利 07/02/24 AM10
145693 ブログに見る可能性 浅野信夫 07/02/24 AM07
145642 好きなこと(夢)=私権社会からの逃避 浜永良成 07/02/23 PM08
144819 マスコミ支配⇒共認革命の必要 佐藤賢志 07/02/13 AM11
144658 帰宅後、まずはるいネット! 高橋幸香 07/02/11 AM01
144643 課題箱が必要 菅野敬子 07/02/10 PM11
143566 潜在思念のアンテナを働かせるために やまと 07/01/28 AM11
140447 ネットのよる社会共認形成=社会変革 STP 06/12/18 AM00
140423 解脱箱(→無限の空疎化)から「課題箱」へ 野村徹 06/12/17 PM07
140395 ネットも中身=課題がなければ淘汰される 西村真治 06/12/17 PM01
140373 世論調査によると・・・ コミキ 06/12/17 AM03
140371 ネットが課題箱としてさらに二段階の引力を持つ為に 宮本昇 06/12/17 AM02
140354 解脱箱から課題箱の兆し 津田大照 06/12/16 PM11
140344 ネット上に提示するもの 井上誠 06/12/16 PM10
136144 逃げるのではなく、対象化する 小林雅志 06/11/01 PM07
136105 中身のある場の集約がネット生活の引力を引き上げる 磯貝朋広 06/11/01 AM10
136083 【図解】共認革命3 個的生活からネット生活へ 喜田育樹 06/10/31 PM11
135497 私達の手にかかっている 匿名希望 06/10/25 PM10
135456 【図解】 共認革命3 個的生活からネット生活へ 長谷川文 06/10/25 PM02
135441 テレビや新聞では得るものが無くなりつつある 大嶋洋一 06/10/25 PM00
135430 団塊世代の逃走生活 熊谷順治 06/10/25 AM09
135418 時代予測を検証・実感する 田野健 06/10/25 AM02
133808 「空っぽ」は危険!大切なのは「中身」! 中村康次郎 06/10/11 AM00
132948 ネットで社会統合 スズムシ 06/10/03 PM00
132942 テレビ<絵本の引力 喜多雅子 06/10/03 PM00
132886 活動時間が活力のバロメーター 足立晴彦 06/10/02 PM08
130995 共認革命3 『個的生活からネット生活へ』を図解化 石川笑美 06/09/16 AM01
130944 個的生活からネット生活へ 田宮昌明 06/09/15 PM08
130943 統合サイトの形成がネットを課題箱に転換させる 山上勝義 06/09/15 PM08
130921 個的生活→変革の行動へ、日常パラダイムが転換した 倭民 06/09/15 PM01
130918 現代人はカタワのサルではない 太刀川省治 06/09/15 PM00
130770 優良サイトの繋がりがネットの引力を高める。 あいうえお 06/09/13 PM09
130739 ネットへ向かう事から答えを出すための発信へ base 06/09/13 PM03
108011 るいネットへの可能性収束>個的生活 井川民夫 06/03/25 PM09
9579  課題はあるほうが楽しい。 東努 01/09/01 PM09
9435 ネットカフェ 吉原徹 01/08/30 PM09
9076 ネットの出会いのおもしろさ 井上宏 01/08/25 PM08
9073 ネットの場に思う事 原田昭雄 01/08/25 PM08
9000 有力 布田貴士 01/08/24 PM09
8996 活力 三木宏彦 01/08/24 PM09
8993 フワフワから実感 井上誠 01/08/24 PM08
8942 個的生活 上山昇良 01/08/23 PM10
8939 ネット生活の引力 大西敏博 01/08/23 PM10
8931 ネット⇒⇒⇒課題箱を目の当り! 宮本昇 01/08/23 PM10
8927 個的生活の限界 酒井俊弘 01/08/23 PM09
8921 変えたら終い 山本豊 01/08/23 PM09
8919 中身のあるネット生活へ舵をとろう 馬場康一郎 01/08/23 PM09
8907 ネットが活力源 佐藤賢志 01/08/23 PM08
8901 大変。 政二恵子 01/08/23 PM08
8890 解脱箱(TV)より課題箱 田原康夫 01/08/23 PM07
8880 ネットと実社会、どちらがリアルか? 渡辺卓郎 01/08/23 PM07
8660 ”つながりで楽しむ”へ 浅見昌良 01/08/22 PM09
8647 ネット生活へ・・・ 野本水奈子 01/08/22 PM09
8646 この議論は未来へ広がっている 熊谷順治 01/08/22 PM09
8620 先端は変革課題に収束 加藤俊治 01/08/22 PM08
8586 様々な人間のるつぼ 山田孝治 01/08/22 PM08
8578 ネット統合者 吉田真弓 01/08/22 PM07
8573 数年後のネット生活者たち 田中道世 01/08/22 PM07
8555 灯台のひかり 西田美和 01/08/22 PM07
8524 ネットの引力 岡本誠 01/08/22 PM04
8508 数年後には 渡邊かお里 01/08/22 AM01
8479 テレビとネット 吉松幸一郎 01/08/21 PM11
8450 I・T時代になって思うこと 佐藤隆雄 01/08/21 PM09
8449 人類の新たなステージ 田野健 01/08/21 PM09
8447 逃げずに群れる 石橋直樹 01/08/21 PM08
8446 面白さがネットの世界 今井勝行 01/08/21 PM08
8444 課題箱へと 浅野信夫 01/08/21 PM08
8442 ネット世界には距離がないのかも 森本亜希子 01/08/21 PM08
8438 習慣の転換 西知子 01/08/21 PM08
8435 社会に参加するにも・・・ 谷崎俊文 01/08/21 PM08
8428 マッチポンプの不全感を越える 麦秋 01/08/21 PM07
8404 もう、ひとりはイヤ 加来野浩史 01/08/20 PM10
8403 若者の群れ・時代遅れの逃走の象徴 mitokon_doria 01/08/20 PM10
8402 箱の向こうは、ぬくもり 吉岡摩哉 01/08/20 PM10
8401 つながりたい から 社会を作っていきたい へ 細田卓司 01/08/20 PM09
8399 疲労の元から活力原へ 橋口健一 01/08/20 PM09
8397 なにも見たくてテレビ見ているわけじゃない…と思う 蘆原健吾 01/08/20 PM09
8393 体感共認を超えて 冨田彰男 01/08/20 PM09
8392 ネット生活 小澤紀夫 01/08/20 PM09
8391 「輪」「波」「風」 木村友昭 01/08/20 PM08
8388 超共認機能 笠原光 01/08/20 PM08
8383 「課題箱」の可能性 星埜洋 01/08/20 PM08
8382 ネット生活への適応 田中素 01/08/20 PM08
8381 「解脱箱」→「課題箱」? 鈴木隆史 01/08/20 PM08
8379 ネットの可能性 熊澤敬輔 01/08/20 PM08
8378 飛んで火に入る夏の虫 仙元清嗣 01/08/20 PM08
8377 新しい言葉 野村徹 01/08/20 PM08
8376 ネット世界から実世界へ 村田頼哉 01/08/20 PM08
8374 活気をつくるネット生活 齊藤直 01/08/20 PM08
8373 ネットの使われ方 松井英仁 01/08/20 PM08
8371 個的生活からネット生活へ 若林勇夫 01/08/20 PM08
8370 もう一つの疲労感 石橋創 01/08/20 PM08
8369 ネット生活の引力 越見源 01/08/20 PM08
8368 ネットの徒労感を中身のあるサイトが変えるという実感 柳瀬尚弘 01/08/20 PM08
8367 ネットからしかない 澤根和治 01/08/20 PM08
8365 課題箱 谷光美紀 01/08/20 PM08
8363 ものたりなさ 野崎章 01/08/20 PM08
8362 無内容な個的生活・・・ 太刀川省治 01/08/20 PM08
8361 新次元空間の場、 木橋哲夫 01/08/20 PM07
8360 求めていたのは課題共認 鈴木康夫 01/08/20 PM07
8358 充足感のあるネット生活 村上靖佳 01/08/20 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp