私権社会の婚姻制
83311 みんなに期待される性
 
森政子 ( 30代 愛媛 広報 ) 04/12/28 PM11 【印刷用へ
 村落共同体に関するいくつかの投稿を改めて読んでみて、共同体では、性行為(セックス)=婚姻=結婚で、全ては繋がっていたんだって思った。成人式が婚姻のための儀式を兼ねているものが多いのも、結婚できるということと共同体の成員として一人前になったということが同じ意味を持ち、性も含めた全てが、みんなの期待だったからなんだ!

 翻って、現代はどうか?セックスと結婚は別物だし、性は個人的課題。結婚したら、友人や親戚からは祝福されるかも知れないけれど、そこにかかる期待は「早く赤ちゃんの顔が見たいわ〜」程度のもの。逆に、少子化や晩婚化等、危機感を煽る事実とそれに対する圧力(期待)を何となくは感じるけれど、それは「結婚という制度」にのって欲しいという期待であって、性も含めた共同体の全的な期待とは程遠いもの。

 一人前になったかどうかも、20歳になったら学生でもフリーターでも成人式を迎えて、友達と騒いでおしまい。うーん、分断された小さな期待は色々あるけれど、全体的にはみんなからはあんまり期待されていない感じ…。

 共同体の婚姻制度は、現代の一対婚制度から見ると、あまりにもオープンで、ホントに「驚きの婚姻史」だ。けれども、オープン=みんなの期待がかかり、それに応える喜びもあったということ。また、自分が成長すれば、若者に期待をかけて指導する役割もあったということ。日常生活の全てに期待圧力をお互いにかけ合う婚姻形式だったと言える。

 個人の課題としてではなく、みんなの課題として期待をかけ合うかたちと、性の期待が日常生活の全てにつながっているあり方は、これからの男女関係にも大いに参考になるのではないかと思った。
 
  List
  この記事は 1167 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_83311
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
84014 婚姻の背後にある帰属する集団の変化 東努 05/01/15 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp