健康と食と医
83081 共認治癒力A
 
喜田育樹 ( 31 京都 デザイナー ) 04/12/24 AM01 【印刷用へ
何故ここまで妻が回復できたのかは、当時まだ考える余裕もありませんでした。
しかし、すっかり体調も回復し普段どおりの日常を送れるようになってから、妻に何であんなに回復できたのか、思うところがあるかどうか聞いたことがありました。

その時私が確信したのは共認の力が病を治すのだという事です。

実は妻が脳梗塞になってから10日間までは殆ど回復しませんでした。
実際妻に聞いても、「脳梗塞になってから1週間くらいまでは現実を受け入れることができなかった。ついこの前まで普通だったのに、なんでこんな事になるの。なんで私だけこんな目にあうの。となかなか今の自分を受け入れることができなかった。だからそんな気持ちの時はいくらリハビリしても、いくら周りが励ましてくれても、全然心にははいってこなかった。」という気持ちだったようです。

そしてなかなか回復していかないが故に、周囲の人間はますます不安になり、そんな状態の中で私自身も不安に押しつぶされそうになる一方で、“夫だから気丈にせねば、妻を助けなくては”とその不安を押さえつけていました。

しかし10日位たった頃、その不安も私自身押さえつけられなくなってしまい、妻の前で大泣きしてしまいました。不安な気持ち、寂しい気持ち、つらい気持ち、全部妻の前で出してしまいました。そんな私を見て妻も大泣きしました。妻も今まで抱え込んでいた気持ちを全部私の前でだしました。

その瞬間から妻の気持ちが変わったようです。この病気を治そう、リハビリ次第では治るかもしれない、周りの励ましにも応えたい、という適応の力が生まれてきました。そして実際目に見える形で体が動くようになり、言葉がしゃべれるようになりました。

>この様に、不全感を揚棄する為に、相手の課題=期待を自己のそれと重ね合わせ同一視することによって充足を得る回路こそ、(未解明だが、おそらくは快感物質βエンドルフィンを情報伝達物質とする)共感回路の原点である。(実現論1_4_05

近代医学では解明できない現象というのは多々存在する。妻の経験もその一つだと思いますが、その未解明の大部分が、実現論のなかにたくさんあるように思う。人間とはやはり共認動物なのだと、この投稿を書きながらつくづく思うし、私たちの共認機能に感謝の気持ちで一杯です。


 
  List
  この記事は 5037 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_83081
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
325885 共認治癒力の鍵は「ミラーニューロン」と「波動」 紺碧空 17/04/20 AM01
289993 共認治癒力の可能性に感謝 猪原裕子 14/05/07 PM09
288550 3大療法に頼らず癌を克服した治癒例@ 匿名希望 14/03/21 PM09
288285 群衆になると健康度が10%アップ、インドの大祭で調査 岡本誠 14/03/13 PM03
244896 白血病になって気付いたこと〜@はじめに 小刀 11/01/30 PM08
234518 無力だからこそ、共認治癒力に可能性収束している。 今村恵 10/07/11 AM11
233469 感動しました。 山下結 10/06/19 PM10
227461 共認充足で、みんな元気〜♪ ふぇりちゃん 10/03/02 AM11
220229 その薬飲んではいけない 丸一浩 09/11/21 PM05
『のうだま』…脳科学から探る「ヤル気ナイナイ病」への処方箋 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/01/04 AM08
175598 手当て。 トラッキー 08/05/02 PM04
175580 治癒は奇跡なんかじゃない チョコバナナ 08/05/02 AM07
175029 心とからだはつながっている ぷっち 08/04/25 PM02
173478 みんなで治せば病気も治る☆ 匿名希望 08/04/04 AM07
露店は万能薬 「開放空間「THE ROTEN」」 06/02/27 PM10
96551 不可能視から可能性視への転換 川井孝浩 05/08/28 PM11
94312 3%の可能性 笠原光 05/07/11 PM07
医者が先ず成すべきは共認治療 「開放空間「THE ROTEN」」 05/07/06 PM08
91253 求めているのは 『健康』 ではなく 『共認』 浅田祥幸 05/05/22 PM11
84695 病は自分から? 河野梨恵 05/01/27 PM06
83642 治癒力と充足 土井誠也 05/01/05 PM09
83532 素人に求められる可能性 江岸元 05/01/02 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp