思考革命:問題意識発から可能性発へ
82473 実現思考に導くには旧観念無用!の共認が鍵
 
佐藤祥司 ( 42 北海道 建築士 ) 04/12/13 AM02 【印刷用へ
最近、なんで屋露店では悩み相談に似た対応が増えてきている。それは、積極的に「私の悩み聞いてください!」と入ってくるのではなく、恋愛や仕事系のお題を扱った後に、或いはカードに書いている言葉の背景などを話し終わった後に、普段の生活での人間関係上の不全を吐露するという形から始まることが多い。(看板に書かれている“悩み相談”や“共認心理学による性格診断”などの言葉も気になっていたようだ。)

彼・彼女らの意識は“うまく行かない現実”に対して、“自分を変えなければ”という徹底的な内省思考が特徴。しかし、どう変えていけばいいかも分からないまま、毎日の生活の中でわずかな+体験を心の糧にして、なんとか繋いでいる。まさしく↓の意識構造そのもの。

>現実に可能性が閉ざされ(or答えを発見できず)現実に対する強い否定回路が形成されている(従って、実現回路が貧弱である)場合、否定意識は捨揚回路(−捨象+収束の回路)に収束して、何らかの+幻想を生み出し、そこに先端収束する。しかし不鮮明な潜在幻想では意識を統合できないので+幻想は観念化されて感応観念(価値観念や規範観念)を作り出し、この感応観念の下に全意識を統合しようとする。(19060)

色々生い立ちを聞いてみると、現実の可能性が閉ざされる局面はいたるところに登場してくる。母親(の親和・共認充足)に対する諦め、母親の父親への否定意識への同化による父親否定、仲間のいじめ圧力をはじめ、学校の先生や会社の上司の不当な圧力など、彼・彼女らを取り巻く現実全てが−の圧力としてはたらいている。これらは全てカタワの「集団」(40425)内の現実で、今、彼・彼女らに対して“それら現実を突破してくにはどうすればいいか”という実現思考に向かわせるにはどうしたらよいかというと、先ずは、それらのカタワの「集団」から出ることが大前提になる。

少なくとも、旧観念を基に統合されてきたそれらの集団は、今やどんどん解体されていき、つまりは旧い現実(過去の遺物)と化している。そのような旧い現実にしがみ付かなくても良いはず。新しい現実=そこから脱出した(しようとしている)人達の意識こそが本物=現実である。
そして、「新しい状況に適応すべく生み出された最先端の機能の下に全ての古い機能が収束することによって、全体が統合される」(29731)
これが一つの答えだと思う。

しかし、まだ問題はある。それは、実現のための答え=構造思考の壁だ。

>構造思考には、現代=過渡期に固有のいくつかの厄介な条件が加わる。
A.否定意識や感応観念から脱却できている事。⇒思考の動因は、充足基調⇒本源収束と社会不全⇒社会収束のみであること。
>B.既成の底の浅い、かつ誤った観念は使いものにならず、殆どゼロから一つずつ構造観念を紡ぎ出して、それらを統合する必要がある事。しかも、危機が深刻なほど、より深く広い構造観念が求められること。

これに対する次の答えは、路上=社会空間での(社会的)役割を得ることで、錆付いていた実現思考の回路も徐々に開かれていく事は確実で、そこでの充足を基盤に、現実否定の意識や感応観念を捨て去っていくことの共認形成が可能となるはず。その媒体として、なんで屋店主達は、構造観念を駆使して、不全感覚や共認欠乏と新しい現実を繋げていくことが求められているのだと思う。改めて、実現思考のためには“旧観念を捨て去る!”ことの意味が深く理解できたように思う。


 
  List
  この記事は 19061 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_82473
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
82476 >実現思考に導くには旧観念無用!の共認が鍵 寺嶋眞一 04/12/13 AM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp