心の本体=共認機能の形成過程
82445 同一視あっての期待と応合
 
矢野悟 ( 23 高知 会社員 ) 04/12/12 PM04 【印刷用へ
 先日、ある女性の話を聞く機会があった。彼女の話によると、自分は周りの人たちに頼られることが多いとのこと。そして自分が周りの人の期待に応えることで、みんなが充たされていることもわかる。相手がそうやって充たされ、感謝してくれたら、自分もうれしいというのも何となく感じている。

>相手の期待に応えること自体が、自己の充足となる。共感の真髄は、そこにある。共感の生命は、相手(=自分)の期待に応望することによって充足を得ることである。(実現論1_4_05)

 この辺は、漠然とは感じているようだった。ただ、自分としては本当に充たされた気にならない。どうしても自分を殺して周りに合わせるという感じがしてしまう。要するに、「私ももっと充たされたいのに、ぜんぜん充たされない!」ということ。

>自分で頭の中に描いた期待や評価の充足イメージと、現実に周りから与えられる期待や評価(それらは、周り=仲間によって共認されています)との間には、ギャップが生じます。

>問題は、周りから与えられた期待や評価を(頭の中の充足イメージとの対立から)不満視or否定視した場合です。その時はじめて評価(≒共認)捨象・自己陶酔の自我(回路)が形成されます。(2662 四方さん)

 その女性は、まさに自分の頭の中の充足イメージと、周りからの期待・評価が繋がっていない状態。期待に応えても自分は充たされない。その思いは自我発であるとは思うが、何が足りないのか。

 縄張りを持たなかった原猿たちは、恒常的な飢えの苦痛といつ襲ってくるか解らない首雄の攻撃といった共通の不全課題を抱えていたからこそ、互いに依存収束⇒期待収束し、同一視することで充足する回路を作り上げてきた。つまり、期待に応えることが自己の充足に繋がるためには、互いに共通の不全、課題を抱えていることが前提となっている。(実現論1_4_04)参照

 喜んでくれたらうれしいと感じているなら、あと足りないのは同一視するという意識ではないか。共認回路と同時に自我回路が一旦形成された以上、相手も自分も同じなんだと同一視することができなければ、不全も課題も共有されない。

 それで相手の期待(らしいもの?)に応えても自分の充足にはつながらずに、「私はやってるのに」「なんで私だけ」という否定や要求の意識になってしまう。そうなってしまうと、相手の期待に応えることも単なるやっつけ仕事に終わってしまう。「みんなの期待に応える」という話は露店でもよくしているが、その前にまず同一視ありきなんだということを、今回改めて感じた。
 
  List
  この記事は 2662 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_82445
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
仲間第一ってみんなどうなん? 「なんで屋@奈良」 06/06/12 PM09
119220 相手の課題=自分の課題=「みんなの課題」 Amethyst 06/06/08 PM10
119172 期待を受け止める のんちゃん 06/06/08 PM08
119115 同一視の土壌が期待・応合を育む。 あいうえお 06/06/08 PM01
118978 同一視できたら充足できる 匿名希望 06/06/07 PM08
92964 共認形成が難しいのはなんで 山田孝治 05/06/19 AM02
83154 期待と応合がイコールって? 平川要 04/12/25 PM09
83051 まず同一視ありき 前山修司 04/12/23 PM10
82797 同一視は共認回路を発動させるボタン。 根木貴大 04/12/18 PM11
82741 同一視と特別視 胡麻とOFF 04/12/17 PM11
82727 再度、同一視 阿部詩織 04/12/17 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp