心の本体=共認機能の形成過程
81972 対象への同化について
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 04/12/02 PM08 【印刷用へ
なんでや劇場「自分って何?生きるって何?」のお題の答えでキーワードとなった、「対象同一性」「対象に同化する」という概念がどうも分かりにくい、という声があったので、少し考えてみた。

先ず本能レベルでは次のことが言える。全ゆる存在は単体で存在しているわけではなく、全て外圧に対応する形で存在している。つまり環境が変化し、外圧(圧力状況)が変化すれば、その環境の変化に適応すべく新機能が形成され、新たな外圧状況に適応し得たものだけが生き残る(旧機能は新たに形成された最先端の機能の元に収束し、再統合される)。これが進化である。
また全ゆる生物は外圧(外的状況)を感覚機能を用いてキャッチし、それに対して最も適切な行動を取ろうとする。つまりそれらの意味で、全ゆる生命体の存在は構造的に「外圧=内圧」(外圧と主体がイコールで結ばれる)の形となっている。逆にいえば外圧に対応していない(同化していない)存在は、淘汰される。
以上は進化史上の例だが、日常的な場面でも内圧=活力は外圧があって初めて生じることからも、外圧=内圧の原理は実感できる。(例えば何の課題もなく、人の目も届かない無圧力の空間ではまったくやる気は生じてこない)

それに対して(サル及び)人類は、本能では生きていけないがゆえに、本能に代わる共認機能を獲得し、それを命綱にして強化してきた。(実現論1_4_01)つまり共認機能とは本能の代替物である。一般動物の行動様式は本能にプログラミングされているが、人類の場合、本能だけでは適応できなかったゆえに、課題共認⇒役割共認⇒規範共認という形で形成された共認内容を道標にして行動=適応している。もちろんその意味では、本能と同じく共認機能にも、外圧=内圧の原理は貫徹されている。

加えて重要なことは、共認機能とはそもそも同化機能であるということである。それは、共認機能の成り立ちを考えてみればわかる。共認の原点は相手(の期待)と自分(の期待)を重ね合わせて充足を感じる、同一視の回路にある。(実現論1_4_01)つまり相手に同化することで初めて共認は形成可能になる。あるいは相手(母親や周り)に同化する事で初めて、規範をはじめとした共認内容を獲得できる。いうまでもなく、これらの獲得がなければ、人間は集団生活や社会生活を営むことができない=適応できない。(それどころか人類は、妊娠中の母親の心理状態がその後の生育や性格に大きく影響するということが示しているように、既に母親の胎内にいる時点から同化が始まっており、それくらい共認機能=同化機能は決定的な存在である)

それだけではない、人類は同類だけではなく、自然対象に対しても共認機能を駆使し、対象に同化応合することで観念機能を形成した。つまり自然対象の語りかける声を聞き取る=それが意味するところや、背後に働く力を読み取ろうとしてきた。(実現論1_4_01)つまり人類は全ゆる対象に対して共認機能=同化機能を用いており、それがなければ適応できない存在なのである。人類とは「同化存在」なのだ。

しかし恐るべきことに人類は、共認機能に付随して生まれた不全捨象の機能(自我機能等)の働きにより、目の前の不全や自分に都合の悪いことを捨象することもできる。たとえば社会不全や、圧力が既に私権圧力からみんな期待の同類圧力に転換していることを捨象している人も中にはいる。これは外圧の変化に内圧が同化できていない状態である。確かにごく短期間の間はその状態は成立する。しかしいうまでもなく外圧は現に実在し、勝手に消えてくれる訳ではない。生命の原理や共認機能の構造は、そのような外圧捨象の存在はごく短期間の間に淘汰されていくだけである事を教えてくれる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_81972
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
営業とは、心と心で通じ合うこと〜相手のことを徹底的に好きになる 「男と女の職場話」 17/02/12 PM03
320936 同化するということ 匿名希望F 16/10/24 PM03
275290 脳の機能は自分や相手を区別できない=脳の本質は「同化」にある rino 13/04/19 AM02
『次代に求められる共認形成力とは 第1回〜共認とは何か?〜』 「日本を守るのに右も左もない」 12/12/14 PM03
232074 「ゆだねる」意識が同一視(同化)のスタート地点 とも 10/05/22 PM10
202716 「言われたことをそのままやってみる」とはどういうことか 千葉敏昭 09/03/23 AM03
学校ってどうなってるの?88 内圧=外圧 「感謝の心を育むには」 08/11/29 PM11
184939 恒常的な同化行為は当然のこと √177√ 08/09/06 PM02
173322 みんな期待の奥深さ 高橋智彦 08/04/01 AM06
173320 圧力は活力☆ 三浦由衣 08/04/01 AM05
173203 外圧の大切さ 安部真未 08/03/29 PM07
163874 周りの状況を捉えること 匿名希望 07/10/20 PM10
154161 共認機能は本能の一部にはなっていないのでしょうか? 司光博 07/06/12 AM11
142155 本当の共認を形成するには? 吉岡由香里 07/01/12 PM10
129582 同化機能 匿名希望 06/08/31 PM06
129570 共認機能を獲得しているのに、何故、人類は観念機能を獲得するまでに250万年も費やしたのか 加藤俊治 06/08/31 PM04
127041 私権時代における警戒心発の圧力の衰弱により、ミスが多発!!“外圧を対象化” 頭で理解してもかなり怪しい? 匿名希望 06/07/30 PM00
127021 共認機能再生が生命線 柳瀬尚弘 06/07/30 AM03
126996 外圧を同化しないと充足は得られない。 ちわわ 06/07/29 PM09
126991 それまで獲得した全本能をもってしても適応できない外圧状況が、生物を変化(進化)させる tanvool 06/07/29 PM08
126982 同化不足が招く仕事のミス コータロー 06/07/29 PM06
124652 自己中と仲間収束 鈴木龍也 06/07/02 PM11
115625 母親の心理状態が及ぼす影響 斎藤浩明 06/05/23 PM11
108874 活力低下は周りに同化できてないから 匿名希望 06/04/12 AM11
106414 共感・共認機能の障害 村田頼哉 06/02/27 AM00
106108 共認充足がベース 野崎章 06/02/21 PM09
106073 感覚機能の一種である共認機能は、本能を超えた新機能である点について 大嶋洋一 06/02/20 PM11
104756 人類とは「同化存在」なのだ 山上勝義 06/01/28 PM11
102304 社会不全(=現実)に向き合い、共認形成することが統合機構への一歩 原田昭雄 05/12/09 PM10
102256 外圧捨象=淘汰される 小林千春 05/12/08 PM11
101145 本能・共認・観念を貫く外圧=内圧という概念の重要性 近藤文人 05/11/20 PM08
100939 先進国(アメリカ)後進国(日本)の関係 津久田博之 05/11/16 PM08
100725 「性的存在」から「類的存在」「同化存在」へ 吉国幹雄 05/11/12 AM11
100682 自我を封鎖するために、男は闘争共認圧力・女は共認充足。 Amethyst 05/11/11 PM02
100283 悲劇・喜劇 中村朋子 05/11/03 PM02
96188 周りをみるという対象同化と外圧=内圧 布田貴士 05/08/18 PM11
94012 「同化」は現代人への処方箋 太刀川省治 05/07/06 PM08
90337 「謝」の意味について  奥澤健 05/05/09 PM11
88514 観念=言葉の獲得過程 石橋直樹 05/04/07 PM10
85806 自明な事として捉え直す 山本豊 05/02/16 PM11
83461 無視=孤独を何よりも嫌がるのは 福島健 05/01/01 AM10
82828 同化の力 阿部佳容子 04/12/19 PM01
82602 RE:対象への同化について 高木玲 04/12/15 PM01
82469 進化する人類は、場を以って感じ、共認を基に思考する。 東努 04/12/13 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp