人工物質の脅威:大気・水・食品
81272 ガン死亡率が増えているのはタバコが原因?
 
麻丘東出 ( 44 兵庫 環境コンサルタント ) 04/11/22 AM01 【印刷用へ
>喫煙と癌の因果関係は常に云われていますね。それが真実の様に、公共施設や交通機関、又各企業の室内や家庭に至る迄ヒステリックに思える程、禁煙の圧力が掛かっています。しかし、何故タバコにその原因を求めるのか?疑問でならないところが有ります。>(56943)

最近では、小さな子供さえタバコがガンの原因であると信じきっています。でも本当にそうなんだろうか?
細胞の突然変異であるガンなどの肉体破壊を引き起こしている原因は本当に何なのか?

まず、ガンとタバコの基礎事実から見ていきたいと思います。

単純な現象事実として、ガンが昭和56年から病気死因の第一位になっています。(2002年時点で総死亡の31%)リンク
そして、ガン発生の部位別率を見ると、平成13年で、
男:肺がん22.0%、胃がん17.8%、肝臓ガン13.0%。
女:胃がん14.8%、肺がん12.7%、直腸がん10.1%。リンク

では、そのガン死亡の年代推移を見ていきますと、
1910年 32,998人
1940年 51,879人(1910年比約1.6倍)
1950年 64,428人(1910年比約1.9倍)
1960年 93,773人(1910年比約2.8倍)
1970年119,977人(1910年比約3.6倍)
1980年161,764人(1910年比約4.9倍)
1990年217,413人(1910年比約6.6倍)
2001年300,658人(1910年比約9.1倍)リンク
⇒このデータ―から、特に1960年頃からガン発生率が急上昇していると読み取れます。

次にガンによる死亡率の国際比較をすると、
日本を基準にした比率でみると、
中国郡部  (男 46.7%、女 45.5%)
中国都市部 (男 57.6%、女 59.4%)
香港    (男 66.6%、女 67.4%)
韓国    (男 52.9%、女 47.5%)
アメリカ  (男 72.8%、女102.2%)
アルゼンチン(男 54.9%、女 69.0%)
イギリス  (男 91.3%、女131.6%)
フランス  (男103.6%、女101.9%)
イタリア  (男107.4%、女115.0%)
ドイツ   (男 91.8%、女131.7%)
ロシア   (男 81.6%、女 93.0%)リンク
⇒このデータ―から、少なくとも先進国でガンによる死亡率が高く後進国の比率は低く、田舎より都市部のほうがガン死亡率も高いと読みとれます。

では、タバコの状況どうでしょう?
下記は日本における年齢別に見た喫煙率です。
------------------------------------------------------------
[ 昭和63年 ]
・男性
20歳代:63.2% 30歳代:63.6% 40歳代:58.1% 50歳代:55.4%
・女性
20歳代:10.6% 30歳代:11.5% 40歳代:9.3%  50歳代:7.4%
[ 平成12年 ]
・男性
20歳代:60.8% 30歳代:56.6% 40歳代:55.1% 50歳代:54.1%
・女性
20歳代:20.9% 30歳代:18.8% 40歳代:13.6% 50歳代:10.4%
(厚生労働省:国民栄養調査結果)
⇒喫煙率は、男性は年々下がり、女性は増えている。しかし、喫煙総数としてみれば減少している。

上記の基礎データ―からみても、喫煙推移とガン死亡推移との連関はどうも見つけられません。

タバコを悪玉にしている根拠は何なんだろう?

そもそもタバコは紀元後間もないマヤ文明から吸われている史実もあります。日本人も、古くからタバコを吸っており、昭和だけ取り上げても、喫煙率に大きな変化がないにもかかわらず、ガン死亡率が9倍にも跳ね上がっています。その原因が工業化(つまりは人口物質)にあることは、明らかではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 56943 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_81272
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
287401 癌の増加は、変化している外圧に細胞が適応しようとしている兆しでは 匿名希望 14/02/16 PM11
シリーズ「癌の正体に迫る」その1 〜「癌」関連投稿インデックス 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 11/08/24 PM07
シリーズ「癌の正体に迫る」プロローグ 〜21世紀は癌の世紀? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 11/08/24 PM06
160078 ガン死亡率が増えているのは高齢化が原因 タバコ問題ウォッチャー 07/08/30 PM10
[soc]喫煙率と肺がん死亡 「mobanama69号」 06/12/13 PM04
121971 時間軸の概念が無い? 匿名 06/06/17 PM05
タバコ特集その3(*´ー`)y-~~ 肺がんの真犯人は!? 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 05/10/24 PM04
86075 タバコについての意見 匿名希望 05/02/21 PM01
82850 喫煙率と肺がん死亡率には相関関係はない? 斎藤幸雄 04/12/19 PM10
82514 タバコ発ガン説のウソ 西谷文宏 04/12/13 PM11
81525 根本原因の見誤り?それとも 匿名希望 04/11/26 AM01
81491 タバコは現代のスケープゴート 玉川泰行 04/11/25 PM05
81432 タバコかタバコの中の人工物質か 積満也 04/11/24 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp