経済破局は来るのか?
79426 「需要発から供給発へ」
 
山澤貴志 ( 39 鹿児島 ITコンサル ) 04/10/16 PM11 【印刷用へ
10月16日のなんでや劇場「経済破局は来るのか?市場の軟着陸は可能か?」のハイライトは「需要発から供給発へ認識を転換すれば市場再生のいろんなアイデアが湧いてくる」というものであった。

前半の経済破局分析、原因分析を通じてクローズアップされたのは、「お金第1の価値観」が廃れた以上、金融秩序の崩壊程度では社会秩序は崩壊しないし、人々の秩序収束を背景にすれば国家紙幣の発行によって国債の雪達磨的増殖も処理することができるので、経済秩序の崩壊すら回避できる。しかし本当の課題は破綻してしまった金融システムの残務整理にあるのではなく「もはや求めてもいない物的需要をむりやり刺激したところで、活力は衰弱していくばかりである。」という現状を突破する「活力再生の切り口」である。

そしてその切り口とは、「市場経済の分析軸として固定観念化してしまった需要はどこにあるのかという需要発の発想こそ、可能性探索を妨げる旧観念であり、供給発の発想に切り替えさえすれば答え=可能性は無限に開かれる」という「需要発から供給発へ」の発想の転換であった。

劇場ではからずしも露呈してしまったのだが、僕自身ついつい、現在の市場環境を分析する時に「物的需要から類的需要」への転換という視点でもって分析していた。しかし、需要という視点でいくら分析を重ねても、市場の突破口は見えてこない。なぜならば、類的需要は極めて普遍的に潜在している欠乏であるけれども、同時にそれは答えの供給なくして決して顕在化することはないからである。つまり

>答えを出せないから悩み需要が増えていく!逆に言えば、答えさえあれば悩みは解消するし、活力再生の突破口も見えてくる。79326

と麻丘さんが書いておられる通りであって、「答え」つまり認識生産(あるいは類的供給)がなければ答え欠乏も活力再生需要も顕在化することはなく「悩み需要」としてくすぶる程度に止まる。逆に「答え」が与えられれば、つまり潜在需要に合致した認識生産(あるいは類的供給)がもたらされれば、人々は一気に答え欠乏を顕在化させ「なんで?なんで?」と答え欠乏を募らせていくし、活力再生の突破口を得ることで、自ら供給者になろうとしていく。(なんでやの弟子達の成長振りがそのことを雄弁に物語っている)

こうした答えられるようになる=供給者になることが現在の「最も大きな活力源」という構造は、なにも「なんでや」に限ったことではない。今若者が仕事選びにおける選択基準は「給料や余暇をいくらもらえるか=需要主体になれるか」でなく「仕事のやりがい=供給主体としての充足」にあるし、そうした欠乏はこれまでは単なる消費主体としてしか見なされてこなかった、高齢者や障害者の欠乏としても見て取れる。今や彼ら「旧来の社会的弱者」は「弱者として消費=需要する権利を主張する」なんて地平を脱却し「同じ社会の当事者として役割を持つこと=供給者になることを求めている」。高齢者は誰しも子供達の面倒を見てあげるという子育て支援の供給者たりえるし、知的障害者であっても(だからこそ)潜在思念あふれる美術表現を通じて人々の共感回路を刺激する作品をかける子はたくさんいる。(なんでやのカードなんか是非、書いて欲しいものだ)

そう人間は答えさえあれば誰だって「類的生産の供給者になりたい」と思うし、「なれる」のだ。何故なら共認充足の欠乏は誰にも備わっているし、潜在的需要としては無限にあるのだから、需要の心配は全く無用であって、欠落しているのは答えと供給体制の整備だけなのだ。そして「これまでの市場経済の需要発の発想」を超えて「類的供給体制の整備=供給者の育成」という視点で、補助金(否、手垢についた補助金という言葉は止めて活力再生事業者支援金と呼ぼう)を「子育て支援」活動や「老人のやりがいづくり」活動や勿論「共認形成」活動に払っていけば、供給者はどんどん誕生していき、日本は世界経済のまさに最先端を切って、新たな類的生産の時代を開いていける。

そしてそれこそが「真っ先にバブル崩壊を経験した日本国にこそ、次代の金融先進国となる土壌があり、そこで得た新認識や新理論を、みんなに発信していくこと77119」の中身であり世界の人々から「日本国に期待されていること」ではないだろうか。
 
  List
  この記事は 77119 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_79426
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
283537 事業や生産の場から社会が変わる、供給者の時代 柳瀬尚弘 13/11/19 PM03
275856 「原発を廃止して欲しい」という潜在需要に応えることが次代の国家事業 〜イタリアの挑戦〜 匿名希望 13/05/10 PM10
サマセミレポート2後編 〜国の借金900兆、震災復興の財源とかたち〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/07/24 PM11
人にやさしい、人をたすける・・・そんな機械を創り続けたい『キシ・エンジニアリング株式会社』 「これからは共同体の時代」 10/12/23 AM02
222579 ブログでの注目&秀作投稿の発信は、当事者・供給者への認識転換に効果的☆ ふぇりちゃん 09/12/24 PM00
222161 供給することそのものが需要になっている 小西良明 09/12/18 PM00
220685 ”需要主体”ではなく”供給主体という名の需要” のりだぁ 09/11/28 AM09
お金の使い道が社会を変える。 「感謝の心を育むには」 09/04/15 AM00
“政府紙幣”は産業主義と金融主義の全面対決を引き起こす 「晴耕雨読」 09/02/06 PM08
“政府紙幣”構想を弄んでみる 「晴耕雨読」 09/02/01 PM02
今、日本と世界が問われていること  「晴耕雨読」 09/02/01 PM02
無駄な仕事は淘汰され、そして新しい仕事が創出される 「にほん民族解放戦線^o^」 09/01/23 AM02
お金の使い方を知らない日本人への対処策−2 「晴耕雨読」 08/12/17 PM07
お金の使い方を知らない日本人への対処策−1 「晴耕雨読」 08/12/17 PM07
193565 自らも供給者になるって? 高橋幸香 08/11/29 PM10
193545 供給発の為に・・・ 岡田 雄樹 08/11/29 PM10
諦観と見られない事を希望しつつ 「晴耕雨読」 08/10/24 PM00
「匿名希望」氏と私の相違点について−2 「晴耕雨読」 08/10/24 AM11
「匿名希望」氏と私の相違点について−1 「晴耕雨読」 08/10/23 AM10
このレス及び関連の添付論文を拝見し、唸ってしまいました 「晴耕雨読」 08/10/22 PM10
ケインズ主義は「近代経済システム」の“死期”を早めた 「晴耕雨読」 08/10/22 AM10
貴殿の経済の捉え方に概ね同意します 「晴耕雨読」 08/10/22 AM00
業務時間だが、ざーーーっと書いてしまった 「晴耕雨読」 08/10/21 AM01
簡単なレスです 「晴耕雨読」 08/10/18 PM01
Re: 『中央公論』7月号掲載の榊原論文を評す  「晴耕雨読」 08/10/18 AM10
榊原論文を評す [現状認識&政策編] −2 「晴耕雨読」 08/10/18 AM00
榊原論文を評す [現状認識&政策編] −1 「晴耕雨読」 08/10/17 PM00
榊原論文を評す [歴史的アナロジー編]−2 「晴耕雨読」 08/10/17 AM00
榊原論文を評す [歴史的アナロジー編]−1 「晴耕雨読」 08/10/16 PM00
榊原論文を評す[現状認識編]−2 「晴耕雨読」 08/10/15 PM06
日本をガタガタにした「バブル経済」とその崩壊って何だったのか 「にほん民族解放戦線^o^」 08/10/15 PM01
榊原論文を評す[現状認識編]−1 「晴耕雨読」 08/10/15 AM11
182273 共認経済における金融システム 浅野雅義 08/07/28 PM07
182259 「お金を出すから、スタッフに加えてほしい」 かなめんた 08/07/28 PM00
食を充たす「農」から心を充たす「農」へ 「新しい「農」のかたち」 08/02/07 PM11
所有権と占有権の違いそして競争原理 「晴耕雨読」 07/12/25 PM08
貧富のある共産主義について 「晴耕雨読」 07/12/25 PM08
人間の本性について 「晴耕雨読」 07/12/24 PM07
簡単なレス 「晴耕雨読」 07/12/24 PM07
平等と政治的社会 「晴耕雨読」 07/12/24 PM07
「共産主義国家」の破綻原因 − 所有形態や計画経済にあらず 「晴耕雨読」 07/12/24 PM07
相変わらず明快な論旨です 「晴耕雨読」 07/12/23 AM11
「毎日新聞」論説への感想文 「晴耕雨読」 07/12/23 AM11
力作に応えて 「晴耕雨読」 07/12/23 AM11
「利潤なき経済社会」に生きる その3(後編) 「晴耕雨読」 07/12/22 PM08
「利潤なき経済社会」に生きる その3(前編) 「晴耕雨読」 07/12/22 PM08
「利潤なき経済社会」に生きる その1 「晴耕雨読」 07/12/22 PM08
この政策がデフレ傾向を助長したのは事実です 「晴耕雨読」 07/12/22 PM08
低中所得者負担増は日本経済を「デフレ・スパイラル」に突き落とした 「晴耕雨読」 07/12/21 PM05
マクロを理解していないミクロ経営者の悲劇 「晴耕雨読」 07/12/21 PM05
貴殿の論考を読んで 「晴耕雨読」 07/12/21 PM05
微温主義の反撃(後編) 「晴耕雨読」 07/12/20 PM05
微温主義の反撃(前編) 「晴耕雨読」 07/12/20 PM05
あえてあっしら氏の微温主義を撃つ 「晴耕雨読」 07/12/20 AM00
再反論 「晴耕雨読」 07/12/20 AM00
「補助金と減税の違い」&「政治的受け皿問題」 「晴耕雨読」 07/12/19 PM05
グランド・デザインを持ちつつも、まず第一歩の政策実施を −2 「晴耕雨読」 07/12/19 PM05
グランド・デザインを持ちつつも、まず第一歩の政策実施を  「晴耕雨読」 07/12/19 PM05
「開かれた地域主義」への移行は急がねばならない。 「晴耕雨読」 07/12/18 PM05
微温主義であり、完全雇用主義なので... 「晴耕雨読」 07/12/18 PM05
一点を除き同意します。 「晴耕雨読」 07/12/18 PM05
“経済政策”論議に首を突っ込むようになったわけ 「晴耕雨読」 07/12/13 PM05
佳境に入ります 「晴耕雨読」 07/12/13 PM05
「利潤なき経済社会」とは 「晴耕雨読」 07/12/12 PM07
デフレについて 「晴耕雨読」 07/12/12 PM07
これからの日本の行方はイバラの道。それでも進むしかありません 「晴耕雨読」 07/12/12 PM07
「勝者の蹉跌」を「第2の敗戦」にしないために−2 「晴耕雨読」 07/12/12 PM07
「勝者の蹉跌」を「第2の敗戦」にしないために−1 「晴耕雨読」 07/12/12 PM07
現状なお、「第2の敗戦」ではなく「勝者の蹉跌」ー3 「晴耕雨読」 07/12/11 PM11
現状なお、「第2の敗戦」ではなく「勝者の蹉跌」ー2 「晴耕雨読」 07/12/11 PM11
現状なお、「第2の敗戦」ではなく「勝者の蹉跌」ー1 「晴耕雨読」 07/12/11 PM11
自説の政策に関する反論 「晴耕雨読」 07/12/11 PM11
簡潔な反論 「晴耕雨読」 07/12/11 PM11
金融調節・量的緩和 「晴耕雨読」 07/12/11 PM11
ご説拝聴しておきます 「晴耕雨読」 07/12/11 PM11
「デフレ不況」を克服しないで「財政危機」を克服することはできません 「晴耕雨読」 07/12/11 PM11
中尾主計官殿、いくらでもご説明しますよ 「晴耕雨読」 07/12/11 PM11
経営者の試み〜需要発から供給発へ!! 「これからは共同体の時代」 07/06/25 PM02
昨日のベロタクシーとおとといの西神中央のなんで屋露店 「神戸ベロタクシードライバーの裏の顔」 07/06/17 AM01
149201 供給者への転換 匿名希望 07/04/12 PM11
131264 「経済成長は、もういらない」を読んでA〜知識社会と格差社会 Financial Journal 06/09/18 PM05
125887 供給発=活力再生の構造 永峰正規 06/07/15 AM05
119203 需要を探って供給していくと無駄な物が無限に作り出される。 匿名希望 06/06/08 PM09
119149 求められる供給者 是永恒久 06/06/08 PM06
118342 供給発再考 かなめんた 06/06/03 PM11
114342 受動ではなく、能動 32 06/05/18 PM00
114256 構造認識が答えたる所以 匿名希望 06/05/17 PM10
110317 情報の発信者(供給者)になれなければ成功しない街づくりHP 浅野信夫 06/04/26 PM10
109628 高齢者、田舎でベンチャー、活力ある山里 八代至誠 06/04/24 AM03
108317 供給主体への転換が問われる団塊世代 浅野雅義 06/03/30 PM11
107079 社会構造変革〜さらば需要者発の旧観念〜 飛翔 06/03/10 AM09
106090 誰もが供給者になる事ができる!⇒類塾ネットに期待!! ハリケーンミキサー 06/02/21 PM01
104445 社会の風景だけでなく、社会構造も変える供給に変った。 福田尚正 06/01/23 AM05
104381 活力再生 廣江佳奈 06/01/21 PM09
102731 年寄りに担ってもらいたい類的生産 馬場康一郎 05/12/16 PM11
100536 仕事の活力を再生させるには? 矢野悟 05/11/08 PM01
98469 供給者になることが活力源 三好陽子 05/10/04 PM06
96652 子育ての事業化の事例:企業組合オフィス21 岩井裕介 05/08/31 PM09
96305 ぶら下がりからの脱却 是永恒久 05/08/22 AM02
95986 老人福祉法の違和感 一力広明 05/08/14 AM03
95550 供給者になり、国を変える 平野貴紀 05/08/04 PM08
95409 供給者への道と類的需要の顕在化。 永峰正規 05/07/31 PM10
95406 「答え」には、状況認識と突破の方向(可能性)が必要。 山田真寛 05/07/31 PM10
94756 高齢者の活力 小林有吾 05/07/18 PM09
92695 徳島県勝浦郡上勝町の高齢者活力再生事業 廣重圭一 05/06/14 PM11
92566 需要の顕在化=答えの供給ができたの結果 山本豊 05/06/12 PM09
当事者、供給者という視点!! 「なんで屋@奈良」 05/06/06 PM10
90510 需要と供給は一体化していく 鈴木康夫 05/05/12 AM00
89927 事業だからこそ、活力は再生される 馬場真一 05/05/02 PM10
国債発行の本質的問題とインフレ 「なんで屋<男塾>梅田」 05/05/02 PM10
89907 活力向上と肯定視 リバーバンク 05/05/02 PM07
なんでや劇場「経済」 「るいネットを応援しようじゃないか」 05/05/02 AM10
89881 答えがあれば、愚痴の聞き役からも脱却できる 小松由布樹 05/05/02 AM00
89780 団塊の世代が求めているのも「供給者」 正国稔 05/04/30 AM05
89660 供給者になること 喜多雅子 05/04/27 PM11
88883 仕事=供給者を作ること 琵琶湖 05/04/15 PM01
88771 社会とつながる アイスクリーム 05/04/13 PM02
88485 供給発なら地域も学校も再生できる 匿名希望 05/04/06 PM11
87821 充足可能性がすべてを拓く 吉岡摩哉 05/03/23 PM10
87352 供給需要のひとつ「自我からの解放トレーニング」 佐藤英幸 05/03/14 PM04
共感エンジンって何? 「なんで屋−驀進劇−」 05/03/12 PM06
破局しちゃう!? 「〜恋愛の行方〜」 05/02/22 AM01
2月20日はなんで屋劇場 「なんで屋@奈良」 05/02/21 PM11
三連休が多いのなんで?(2) 「Financial Journal」 05/02/15 PM03
85488 供給発には“答え”が一体であること 広岡絵美 05/02/10 PM10
85140 高齢者も勉強が必要だと思う 北川和秀 05/02/04 PM04
84994 「答えの供給」こそ活力再生の要(答え) 浅見昌良 05/02/01 PM10
84513 シニア大学 田野健 05/01/24 AM00
84011 商売でも消費者⇒供給者へが必要 北川和秀 05/01/14 PM11
83524 活力再生需要の糸口 津田大照 05/01/02 PM08
83510 原因(供給)と結果(需要) 浅野雅義 05/01/02 AM10
83408 今最も必要とされているのは、潜在する期待を供給者に伝え彼らを必要としてやれる媒体者なのでは? 東努 04/12/31 AM00
82279 「仕事」という答え 鈴木隆史 04/12/09 AM02
81992 「必要なときだけ見る」ネットから「見るだけで気付きを得られる」ネットへ 井上龍之介 04/12/03 AM00
81600 既存の接客業も答えの供給者に塗り替えていく 清水昌広 04/11/26 PM10
81513 物的市場は飽和しているのに、環境破壊が止まらないのはなぜ? 田村正道 04/11/25 PM11
81419 供給者育成事業の入り口「なんで屋」 斎藤一浩 04/11/23 PM08
80580 新しい供給者たちと共に、社会 (=人々の意識) は動き始める。 浅田祥幸 04/11/09 PM03
80126 少子化問題調査会より 家村和宏 04/10/31 AM11
80038 「多様化するニーズ」に対応してても可能性はない 藤岡聖子 04/10/29 PM07
80032 「子育て支援」は氷山の一角 unclefootballer 04/10/29 PM03
80030 類的生産者の育成と生産体の自立。 槇原賢二 04/10/29 PM02
80015 供給者のよろこび アイスクリーム 04/10/29 PM01
79932 答えにならない供給は収束不全を招く 北村太郎 04/10/27 PM07
79895 類的欠乏と需要・供給 斎藤裕一 04/10/26 PM09
79893 物的生産と認識生産の可能性のちがいは。 菅原正輝 04/10/26 PM09
79892 どんな活動や場があるのかみんなで模索していこう! 白石寛隆 04/10/26 PM09
79830 需要発の制度  供給発の意識 西村秀彦 04/10/25 PM11
79791 支援事業ページ 金岡景太 04/10/25 AM00
79772 類的生産の可能性。 猪原裕子 04/10/24 AM10
79754 30年前から既に「供給発」だった 前上英二 04/10/23 PM10
79752 生産様式は欠乏の意識で転換する 馬場康一郎 04/10/23 PM10
79664 先端可能性の実現形態が社会空間に顕になろうとしている 麻丘東出 04/10/22 AM00
79648 起業育成サークルの可能性 前山薫 04/10/21 PM10
79644 具体的な方針を伝え可能性を示す 齊藤直 04/10/21 PM10
79619 需要探索から供給創出へ 近藤文人 04/10/21 AM00
79613 大きな意識転換=供給者発 酒井俊弘 04/10/20 PM10
79611 供給即需要 浅野雅義 04/10/20 PM10
79603 充足している社会のイメージ 塩貝弘一郎 04/10/20 PM09
79551 絵手紙が結ぶ人々のつながり 八代至誠 04/10/19 PM09
79546 老人の活力再生 浜永良成 04/10/19 PM09
79543 物余りの時代だからこそ「需要発」から「供給発」へ 加藤弘行 04/10/19 PM07
79537 「供給者になりたい需要」に応える供給が新たな事業になる。 Amethyst 04/10/19 PM02
79535 供給発とは 琵琶湖 04/10/19 PM02
79523 供給発の「答え発信」が(勉強)需要を喚起する 匿名希望 04/10/19 PM01
79514 供給者。 匿名希望 04/10/19 PM00
79512 「供給者になりたい需要」に応える環境整備、答え(=中身)作り。 佐々木健二 04/10/19 PM00
79491 期待応望の社会 小林雅志 04/10/18 PM10
79488 需要発の政策が、限界を迎えた 矢ヶ崎裕 04/10/18 PM09
79456 国家紙幣の財源とは?@ 安西伸大 04/10/17 PM11
79455 物的市場→類的市場=共同体再生! 西谷文宏 04/10/17 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp